投稿

散々な結果

イメージ
(20200123)

出雲市の朝は雨も止んでいたので もう一度日御碕で竿を出すことにした。 釣れない日は続くものでアジは結局昨日の10尾止まり。 こっぱグレやベラが時々釣れたが 散々な結果に終わった。 大きなフグも釣れたので持って帰ったが 料理長不在なので土に返すことにした。 色の薄いフグはサバフグか何かと思うので 試してみたいが次の機会にしよう。 左の色の濃い奴はコモンフグといって図鑑によると 猛毒と書いてあった。 明日は集落の新年互例会。 農業補助金や会議資料の作成で一日潰れるが 当面の公式行事はこれでお終い。 残すは嫁さんの25日のミニ退職祝いが予定されている。 カープ観戦でいつもお世話になる松長さんが 先日2度にわたりアジを土産にしたので 退職祝いを兼ねて温泉に入り軽く一杯飲もうということになった。 嫁さんは退職関係で何度もイベントをしてもらっているが そろそろこれが最後になりそうだ。
資料作りでエクセルを久しぶりに使っているが 時々ダウンする。 ヤフオクで買ったoffice2019だが安すぎると思った。 正規認証したので安心していたがどうも不安だ。 こまめにバックアップして使っていこう。




出雲大社港

イメージ
(20200122)

放射冷却の朝で大霜になり外に置いているトラクターや車は 窓に氷が張り付いている。 晴れの天気は夕方までしか持たないということなので 昼前から出雲大社に釣りに出かけた。
嫁さんの自由時間は今週までで
釣りに行けるのは今日だけということで意見が一致した。 出雲市は僕の家から距離が90㎞、無料の尾道松江道ができて 比較的近い。


昼過ぎから夕方まで粘ったが 唐揚げ用のアジが5匹程度で前回までのような 好結果にはならなかった。 夜は出雲駅前の居酒屋を制覇しホテルに泊まって帰る。 こんな生活も今回が最後だろう。 釣果は散々だったが 波止釣りや居酒屋めぐりなど贅沢な時間を 過ごした新年だったと思う。

気持ちの悪い天気

イメージ
(20200121)

午前中は婆さんの病院通いと 午後はこの時期信じられないような天気の中 市役所に改まった会議に出席してきた。 森林所有者の代表みたいな肩書だったが山からの利益はほとんど 皆無なので何やら違和感のある椅子の座り心地だった。 普段の年なら雪に囲まれてどんよりした 空の下で暮らしている時期である。あまりにも良い天気だったので 駐車場で写真を撮ってみた。 会う人皆気持ち悪い天気だという。 一月上旬にしては異常な状態と言っていいだろう。 買い物をしたりしていたら 一日が終わってしまった。 貴重な晴れの日を無駄に過ごした感が強い。 明日から西側から天気は下り坂だが雪は降りそうにない。 木曜日は完全に雨予報。
嫁さんと遊びに行けるのは今週までだ。 明日は釣りにでも行こうかと考えている。

分解清掃

イメージ
(20200120)

先日買ってきたパックメイトという選別計量器を 掃除している。 二シーズン前から米作りを止めてそのまま放置してあったので 残った米も虫に食われてひどい状態だ。 調べると僕が持っている機種より新しい。 新品なら40万近くするのだから 汚れてはいるがよい買い物だったと思う。 古い計量器を捨てないといけないが 屑鉄屋さんが来れば喜んで持って帰ってくれるだろう。 明日は林業関係の会議がある。 改まった会議でスーツを着ないといけない。 普通ならきつくて着れるか心配するところだが 正月痩せをしたのでその辺は心配いらない。 時間ができれば機械の整備をすることにしよう。

ご意見番

イメージ
(20200119)

アジの唐揚げをおかずに昼間から新年互例会と相成った。 酒が飲めるようになったので僕の体は完全復活となったようだ。 僕の二週間に及ぶ体調不良は素人診断ではあるが インフルエンザということになった。 結局病院でインフルエンザの治療をしなかったが 直りかけの途中でヨットのオジサンと冷酒を飲んだのが 長引いた結果だと女性軍の診断だった。 当分控えていた酒量を取り返したので 明日からは酒を控えめにしないといけないだろう。 真面目に機械の整備と山の木の整理をすることにしよう。 「載せちゃ―いけんよ」というご意見番のお姉さんの言葉だったが 他に写真がないので載せてしまった。 ゴメンナサイ。

隣りのあんちゃんに軍配

イメージ
(20200118)

金曜日、三次の整形外科で見た釣り雑誌の情報が 今日目の前で起こった。 岩国から上関先端に近い四代漁港に着いたのは9時前だった。 隣りのあんちゃんは暗いうちから来ていたようでスズメダイの総攻撃に 竿を置いて車で寝ていた。 湧いてくるようなスズメに今日はアジも釣れんと思ていたら あんちゃんが起きてきてサビキを遠投してアジを釣り 大きなアジの背に針をかけて泳がせ始めた。 なぜかサビキ釣りのアジは遠投しないと食ってこない。 アジが手に入ったので僕も泳がせてみた。 仕掛けの違いはあんちゃんは直接ぶっこんで 僕はウキを付けてウキ下を四ヒロぐらい遊動にしていた。 大きな違いは投げた方向でこれが決め手になった。 5分以上格闘しただろうか僕がタモ助をして無事取り込んだ。 実寸サイズはよくわからんが80Cmは越えていたと思う。 タモの重量感で5㎏は優に超えていた。 あんちゃんは早々に下処理をして帰る前に波止から左側と 右側のテトラ前が潮によってよく釣れるということを教えてくれた。 僕は正面方向を流していたわけで知らないというのは 致命的だったと思っている。 満潮は午後2時半、ひょっとして夕方に変化があるかもと 粘ったがアジがウキを引っ張るだけで大物は姿を見せなかった。


嫁さんが粘って土産を釣ってくれた。 前回とは数が少ないがたまに一夜干しにすればいいようなのが釣れた。 釣れれば面白いが下手に大きいと 調理に困るとのこと。明日はさっそく配達して回ろうと思う。 来週は会議や雑用が入った。 再来週旅行に出かけるか 天候次第でもう一日釣りに行くか迷うところだ。 自営業のいいところだ。明日から大いに悩む。



岩国駅前

イメージ
明日上関へ釣りに行くため岩国まで走ってきた。 宮島SAの鳥居を写した。 柳井まで行けば近いのだが安いホテルが無かった。 岩国はこれで二回目になる。 居酒屋は近くにあるので飲みに出てみる。 山陰は明日から波が高くなって風裏になる上関を選んだ。 明日もアジが大漁になればいいのだが海の神さんよろしく。

この店は山陰浜田市の駅前にもあったが 満員で入れなかったので今回岩国の店に入った。 値段も手頃でよいと思う。 飲み過ぎないで明日に備えることにする。