投稿

またもやイノシシが

イメージ
  (20240413) 昼前から田んぼにトラクターを入れ 粗起しを始めた。 予想通りトラクターが埋まりながら進む 難儀な荒起しになった。 日誌を書くと1.2ha が済んでいる。 順調なら粗起しは正味7日かければ終わる計算になる。 写真中央が僕の家の周りになる。 花見をしたところは左上の建物あたりだ。 国道の交差点はお寺マークのようで面白い。 イノシシが掘り返し修理しないといけないところが 二か所見つかった。 右が僕の田んぼで このまま粗起しをして水を入れれば畔が崩壊する。 ここは簡単に済みそうだがもう一か所は 盛土をしてしっかり固めないと大規模崩壊になりかねん。 明日は土木作業を先にやることにした。

一年と半年で200時間

イメージ
  (20240412) 昨日の花見のブログは、場所がよく説明できていなかったので google mapの写真を追加した。 文章もわかりやすく修正しておいた。 田んぼに入りたいがトラクターのオイル交換の表示が出た。 一番ハードに使う春なのでどうでも換えておかないと 田んぼ作業はできない。 前回は 2022年11月に861hrで換えている。 交換後何時間と表示されるので 一年と半年で200hrになってキッチリ交換の表示をしてくれた。 フィルタに交換の記録をしなくても メーターで指示してくれるのだが いつもの癖で書いた。 ミッション・油圧系統は400hrごとなので 次の交換時に一緒に換えるが20ℓ以上必要になる。 僕の手には負えないので営業所に持って行く。 軽自動車の車検以上の値段になるが トラクターがなければ商売にならんので 必要経費と思っている。 明日からいよいよ田んぼに入る。 田んぼが軟らかいので普段と違って5割増しの 作業になりそう。 トラちゃん頑張ってくれ。

身近にいいところがあるのを忘れていた

イメージ
 (20240411) 思うように作業が進まないので 急きょ、おにぎりを持って花見に出かけた。 家から北に歩いて300m、 一昨日の 写真の裏側になる。 除雪車庫の裏側は急な斜面で見上げる格好になる。 強風と雨で桜は散ったのかと思ったけど まだまだ見頃だった。 航空写真でみれば道路に沿って左から猟師の番小屋、除雪車庫、 ゲートボール場の順。 ゲートボール上側斜面の下に三角の広場があり 公園のようにしてある。 ゲートボール場は 20年前まで盛んにおこなわれていた。 今では町内を見回してもゲートボールをする姿は まったく見えない。 ここ一帯は大規模林道を整備した時の 残土処理で出来た公園なのである。 嫁さんが見ている東方向の山裾が国道側になる。 広場にはいろんな種類の桜と紅葉が植えてあり 桜の花見と言う感じではない。 昔一度だけ青年団で花見をしたことがある。 まだ桜が大きくなっていない頃の話で30年前の事になる。 広場は道路からはまったく見えないところで 地元の者でも知る人は少ないし、 利用する人は誰もいない。 ビールを飲んで昼寝でもすればよかったが 寒いので思い出話だけをして帰った。 近くでいいところを見つけた。 来年はご馳走を持って来て盛大な花見をしよう。

予報通り大霜だった

イメージ
  (20240410) 寒いと思ったら昨日霜注意報が出ていた。 朝フロントガラスは厚い氷が覆っている。 かなり気温は下がったのだと思う。 注意報を見て夕方から霜よけストーブを焚いたが 朝のハウスの中は氷点下になっていた。 霜よけストーブを焚いたのだが心配で 今朝早く日が昇るまでに苗に水をまいた。 霜にやられていてもこの水で復活してくれると思う。 今日から晴れるけど田んぼの状態は最悪だ。 牡蠣殻が少し残ているので トラクターを田んぼに強行突入させて 散布を済ませることにした。

今年の満開は2日早い

イメージ
  (20240409) 昨日満開だった桜が 今日の雨で散り出した。 今年もゆっくり花見をする暇はなかった。 ここの桜を植えたのは昭和64年(1989)だった。 昨年のブログ に35年と書いているのは34年の間違いだと思う。 あの時のメンバーはまた一人減って三人になった。 植えた時の年齢は35才、僕の人生中間点だった。 桜特有の病変の所は散見されるが まだ立派に咲いてくれた。 観光地の桜は人が多くてどうでもよくなった。 来年はここの桜をもっと大事にして ここで満開の花見をしようと思う。

苗は無事だった

イメージ
 (20240408) 昼前から雨になり高温の心配は無く ビニールハウスは一日中閉めたままにした。 左手前のアルミシートの所は緑化の色がついてきた。 右は保温のため保温シートはかけたままにしている。 もう一つの小さいハウスは今日も一日、 両側を保温シートはかけたままにしておいた。 真ん中はアルミシートだったので 昨日の夕方からめくったままにしておいたら 今日一日で両側の色とほぼ同じになった。 牡蠣殻散布が少し残っていたんだけど雨が降るので トラクター作業はできなかった。 早く済ませて田んぼを起したいが雨が溜まってしまった。 焦ってもどうにもならん。 集落の補助金の年度末の事務処理が残っている。 明日はこれをやっつけることにした。

高温には気を遣う

イメージ
  (20240407) 日差しが強くて朝早くからビニールハウスを開け放ち 対策はしたのだが ハウス内の温度が35℃を越え、 苗が焼けはしないかと冷や冷やした。 日が落ちると日除けにしていた保温シートをめくって 苗の状況を見た。 向こう側が水曜日に並べた箱。 左の緑になりかかったのは昨日並べて 保温シートをかけたところ。 左手前の黄色いのはアルミシートで覆った所だ。 アルミシートは遮光性があってほとんど 光を通さないので緑化は遅れるが苗焼け防止には 信頼のおけるものだ。 明日は曇りから雨になる。 焼ける心配はないので今から全部のシートを取っ払う。 明日の朝、箱一枚一枚に丁寧に水をやって 変な色になっていなければ緑化は成功したことになる。 明日の朝も奇麗なグリーンであることを祈ろう。