投稿

海と山の幸

イメージ
  (20240220) 夕方、イノシシ肉を頂いた。 一応水洗いしてタオルに包んだ。 一晩おいて冷凍庫に入れることにした。 一部を膜を除いて薄く切り焼いて食べてみたが 軟らかくて臭みもなくすんなり食べれた。 ただ、脂肪がないので美味しいとは言えなかった。 これでは鍋にしても今一のことになるだろう。 脂肪がないのは暖冬のこともあって 痩せたんだろうか。理由はよくわからん。 アジの塩焼きも食卓に並んだ。 海と山のタンパク質は補給できたことになった。 裏山のキノコは暖冬でこの前より大きくなった。 なにやら気持ちの悪そうな形だが 食毒不明なところは僕の腹で確かめた。 明日はキノコ汁で体内環境を整えよう。

赤ナマコは何年ぶりだろう

イメージ
 (20240219) ナマコなんてずいぶん前から食べていなかった。 日曜日に江津の9号線沿いにある道の駅で買った 赤ナマコは安いのでビックリした。 僕らが目にする価格の半分だった。 今になって思えば3パックぐらい 買い占めておけばよかったと思う。 二尾釣れたサバは焼いては食えんので〆サバにした。 昨年は煮て食ったのを覚えている。 先週も小さかったが〆サバにしたら食えたので 小さいサバも持って帰ることにしている。 道の駅の名前は「サンピコ江津」。 江の川河口と湯泉津(ゆのつ)温泉の間ぐらいにある。 規模としては大きくはないが コンビニ・GS、神楽を舞うところが隣接している。 スイーツもあってユニークな道の駅だと思う。 江の川が近いだけに鮎の冷凍があった。 僕の家にも在庫はあるし高いのでスルーした。 今度の連休は何処に行こうか思案中。 釣りも行きたいがイノシシ対策もやらなければならん。 気温上昇とともに忙しくなった。

自分で釣ったアジの刺身は美味しい

イメージ
  (20240218) 釣果は嫁さんが釣ったまぐれのサバを入れて 10尾を越えていた。 我が家だけでは多すぎたので近所に配った。 一番小さいのはミミさんの口に入った。 大きいのは26cmだったので2尾を嫁さんが 刺身にしてくれた。 美味しく感じるのは自分で釣ったのもあるのだろう。 今日も天気は良くて島根方面のドライブを楽しんだ。 道の駅も数多く回った。 日曜日の行楽日和とあってどこも繁盛している。 遊んでいられるのは今月いっぱい。 アジ釣りをもう一度行くことにしたが 今の時期イカ釣りの人も多い。 更に土日だと場所取りに早くから行かないといけない。 何処に行くかじっくり考えてみよう。

猫を見てほっこり

イメージ
 (20240217) よく晴れて放射冷却により夜明け前から久しぶりの氷点下になった。 猫はぶり返した寒さにストーブに飛び乗り眠っている。 初めは前足を折り曲げ尻尾を体に巻きつけ寝ていたが 暖かくて気持ち良いのか足も尻尾も投げ出して本気モードで寝ている。 今日明日天気が良いので農作業をすればよいのだが 嫁さんと休みが重なり釣りに行くことにした。 道の駅を散策しながら浜田市へ向かった。 釣果は火曜日のゼロとはよかったが刺身用と アジフライ用が10匹に届かなかった。 船頭によると昔のようには釣れなくなったとのこと。 ブログを見ると水曜日は大ダイが上がっていたので タイを狙ったがエサ取りもいなくて日が落ちる時のアジだけになってしまった。 2月中にもう一度リベンジしたい。

現代の鋼(はがね)はどうやって作るんだろう

イメージ
  (20240216) 自治会の役員会があり行ってきた。 僕の報告はパソコン教室の散々な結果を報告しておいた。 習ってほしいことと教えてほしいことのミスマッチが 多かったと思う。 ネットの買い物なんかもしたかったようだが 変なことを教えて恨まれては困るので ほどほどにしておいた。 連絡事項があり面白い講演会があるので 出席してほしいとのことだった。 昨日、鈩の鐡穴流しで出来た三河内の棚田のことを書いたけど 3月になったら隣の西城町の刀鍛冶の人の講演会をするという。 日本一にもなった人で刀匠としては有名な人だそうだ。 刀鍛冶か刀匠と呼べばいいのかわからんが 時間があったら聞きに行って見よう。

三河内の棚田

イメージ
  (20240215) 比和の棚田遺産の認定書が博物館の入り口に置いてある。 三河内というところは僕の所から直線で東へ5㎞の所にある。 google map で見ると「三河内棚田テラス」の表示が 下の地図では右下に表示される。 棚田と言っても結構大きな田んぼがあって 全国の有名な棚田とは少し違っている。 鈩(たたら)製鉄の砂鉄を掘るために山を削った(鐵穴流し)跡にできた 田んぼに昭和の時代に重機を入れ整備した地形だ。 田んぼの畔が高くて僕らの草刈のことを思えば 何十倍もの労力がかかる。 それでも立派に管理されているので頭が下がる。 ここは僕らの所より地形や水源の問題で 担い手不足がさらに深刻なようである。 パンフレットには奇麗な写真が撮ってあるが 僕も一度はドローンで空撮をしたい。 僕の腕ではチョット難しいかもしれん。 もっと上手になってから挑戦しよう。

晴々しくなった

イメージ
  (20240214) 綺麗に片付けたと思ったら 真ん中あたりに細い竹が一本残っていた。 あの大きさなら鉈を持って行けば片付く。 切った竹の葉っぱが枯れ落ちて 足元が見やすくなってから行くことにしよう。 僕の田んぼ右側の2枚が前方東側に完全に開けた。 朝日は当たるしイノシシ防御対策が完璧なら 5俵は確実に増収できると思う。 左の田んぼは管理している人がイノシシ対策をしてくれないので 畔に電柵の二段張りをしてしのいでいた。 それでも飛び越えたりして突破された。 立てている松杭は半分くらいが腐って折れそう。 メッシュ柵もありだが鉄製品は物凄く高くなった。 松杭を補足しながら電線を三段張りにして防御するのが コスパはよさそう。 イノシシの動きが活発になる7月までには どんな柵をするか結論を出そう。 渡船の今日のblogを見るとタイが結構上がっていた。 腕の問題でなく日にちと潮が悪かったと思いたい。