投稿

5月, 2024の投稿を表示しています

初草刈はしんどかった

イメージ
  (20240521) 良く晴れて気温が高くなるということで 日よけアルミや保温シートをしていた。 朝の内は無事だったけど昼前から風が出て完全にめくれてしまった。 何時間直射日光に暴露したかはわからんけど慌ててシートを直し苗箱を覆った。 写真は太陽が西に傾いて山の陰に入ったのでシートをめくった状態。 異常は無いように見えるが無事であることを祈ろう アルミシート幅は箱三枚の長さギリギリで 端を押さえようにもうまくできない。 明日出す箱は左に置いてある柱のようなガッチリしたもので 押さえることにしよう。 今季初の草刈をしてみた。 肩掛け式は腰が痛くなったので歩行用に切り替えた。 移動は軽トラだけど新車には傷がつくので 載せる気にはなれない。 古い軽トラの車検見積は6万円だった。 これで二年間は乗れるので売りに出すのは止めた。 当分乗るということでフィルターとオイルは交換した。 買って10年経つが車庫に入れたり洗車はしたことがない。 一度くらいは洗ってみようかと思う。

この傾きでも意外としっかりしている

イメージ
  (20240520) 金曜日にまいた苗が順調に伸びていた。 太陽が山陰に入って直射日光が当たらなくなる 午後4時ごろからハウスの中に広げた。 オーバーハングしてかなり傾いていても意外としっかりしている。 上の二枚ぐらいをおろしてからフォークリフトで 育苗器から出した。 横に崩れかけたものは枠に当たるので 仕方なく支障のない所までおろさないと始まらない。 上の左の4枚くらい降ろしたが万歳のような格好でおろすので キツイ作業になった。 二時間かけて360枚をハウスの中に広げた。 苗はモヤシ状態なので直射日光を当ててはいけない。 広げてあるアルミシートを明日の朝一番で覆い 一日ほど養生する。 次に入れる苗箱からは白い芽が出ている。 4月1日の種まきの分は気温が低いので こんなことにはなっていなかった。 芽が伸びるスピードが速いので 育苗器から出すのは一日くらい早まりそう。 遅れても苗箱がひっくり返ることはないと思うけど ホークリフトでは出せなくなる。 監視を怠らないことを肝に命じよう。

カープ応援隊は三連勝に沸いただろう

イメージ
 (20240519) 午前中特産市の所が賑やかだった。 大型バスも来ている。 よく考えたら今日はマツダスタジアムカープ応援隊「比和の日」だった。 巨人戦とあって売れ残りは無かったんだろう。 庄原市ではマツダスタジアムのライト外野席を借り切って 各町に割り振っている。 結果は知ってのとおり三連勝だった。 マツダスタジアムなのにTVもBSも放送は無かったのは 珍しいこと。 僕はラジオで聞いたけど今日の試合は 記念に残る楽しい試合だったに違いない。 家の前のシャクヤクが満開だ。 周りはグリーンなのでよく目立つ。 ラベルで見ると 2022/5/20 に散り始めたと書いている。 5月20日前後で咲いて散るんだということがわかる。 育苗器の中を覗くと白い芽が出ている。 明日の夕方あたりには外に並べることになりそう。 今日は種まきの後片付けと田んぼの水管理くらいでのんびり過ごした。 田んぼを見ると草が長くなった。 酒米の田んぼの準備をしないといけないが 草刈もやらないといけない。 土日に余裕をかましていたら農作業が行き詰まり気味になった。 明日からまたフル稼働に戻ろう。

エンジン絶好調

イメージ
 (20240518) 種まきが済んでホッとしている。 余裕ができたのでランチがてら福山まで 動かなくなっていた三輪カブをケニーズまで持って行った。 エアコンの無い軽トラではきつかったが 帰りは陽が落ちて寒いくらいで快適だった。 往きは182号で復路は神辺の登りがきついので 府中・上下回りで帰った。 登りが緩いのは軽トラには快適だが府中市中心地の信号の多いのは いつも参る。 混んでいなかった時間でストレスはあんまりなくて運がよかった。 ストレスだったのは野球放送。 9回裏のツーアウト満塁は一球間違えば スタジアムや駅周りが悲鳴に包まれるところだった。 巨人二連勝は大きかった。 明日も頑張ってくれ。 福山まで走った軽トラの走行距離が106千kmになった。 新しい軽トラが来たので売りに出さねばならんが 汚れたものでも気兼ねなしで積めるし、 使い勝手は非常にヨロシイ。 エンジンも絶好調。 嫁さんは捨てろと言うがどうももったいない。 車検見積もりを取ったら6万円だった。 僕のリタイヤまで後二年。 一緒に頑張ってもらおう。

終りの始まり

イメージ
  (20240517) 4人の応援に来てもらい昼までに酒米の種まきは終わった。 酒米づくりの第一歩が始まった。 スタート直前に前日の雨で種をまくところが濡れていて 上手くまけなかった。 濡れていては種籾が落ちる所にくっついて致命的な状況だった。 エアガンのホースは届かないので 乾いた種籾を空回しで落として何とか水分を 飛ばした。 田舎の人はスタート9時と言えば8時45分ぐらいには 集合してくれるので9時スタートには間に合った。 昼からはコシヒカリ最後の田植。 代かきの土が落ち着いていないので 植えた苗の隣りを走ると機械の横波で苗が埋もれる状況だったが このぐらいのことでは動じないで機械を走らせた。 当分田植機を使わないので機械を丸洗いして 肥料分を落とした。 肥料に直接触れる所はステンレスだけれど それ以外は鉄だ。 丁寧に洗って錆があれば塗料を塗っておく。 僕がリタイヤして規模を縮小しても 我が家の田んぼはできるよう メンテをしておくつもりだ。

長い昼寝で充電をした

イメージ
 (20240516) 嵐のような朝で仕方なく昼からの種まきは明日に延期した。 昼から回復傾向にあると思ったが 嵐の中では準備ができない。 昔のように床土や覆土も20㎏袋ならハウスの中でまくのも可能だが 今では土はトンパックなのでホークリフトがないと種まきにならない。 昼からも荒れ模様なのでコタツの中で猫と昼寝した。 よっぽどくたびれているのだろう3時間ぐらいは起きれなかった。 種まきがずれたので田植をどうしようか思案中。 田植の面積は0.43haなので種まき前に準備をしておけば 何とかなりそう。 明日は種まきと田植を一気に済ますことにしよう。 朝6時からフル稼働、長い一日になりそう。

コシヒカリの代かきはオールブルーになった

イメージ
 (20240515) 代かきの残り0.22haを丁寧にかいた。 水位が高いので土が粘らずチョコレートを溶かしたような ドロドロの代になった。 田植のできる土が落ち着くまでのは 通常より長い時間がかかる。 明日の種まきを済ませてから植えれば丁度良い条件になるだろう。 コシヒカリの代かきはオールブルーになった。 田植も残っている0.43haが済めば同じ絵になる。 明日種まきをする酒米の田植が済めば写真真ん中あたりも 連続してブルーになる。 明日の種まきなら気温が高いので5月末から田植ができそう。 酒米はこれから田植の準備をするのでかなりの余裕ができた。 それに田んぼが長方形なので 残りの3haは早いペースで進みそう。 昨年の田植は 6月3日 に終わっている。 今年の田植も 寝込んでいた一週間の遅れだけのことになりそう。

千秋楽が見えた

イメージ
 (20240514) 田植は最後の追い込みで左側がオールブルーになった。 進捗率は92%、残り0.43haになった。 最後の代かきをしようと思ったが 水の深さが気に入らなくて左下の0.21ha だけを済ませた。 代かきの進捗率は96%になった。 明日は上の2枚を済ませて 田植のできる状態になるのを待つ。 明日は代かきを済ませたら 明後日の種まきの準備がある。 田植は種まきを済ませて 落ち着いてから千秋楽としよう。

気付かぬうちにイノシシ天国になっている

イメージ
 (20240513) 今日の田植は0.5ha が済んで 残りは赤い田んぼの0.9haとなった。 右の三枚の代かきが済んでいないので 明日は左側だけの田んぼを済ませる。 昨日の雨の休憩をガッツリしたが 午前中体が動かなかった。 年寄りなので休んでも回復はしなかったということだろう。 毎日コツコツというのがいいんだろうけど 田植えと稲刈りは集中するので仕方ない。 上の写真の左下の請け負っている田んぼの写真を撮った。 いささかお疲れで田植の線がヒョロヒョロしている。 道路に近いと失敗しているとよく目立つが ここは道路からは遠くて見えないので精神的には楽な田んぼだ。 今日もお疲れさんと帰っていたら イノシシの軍団と出会った。 一頭逃げ遅れてこちらを向いたので慌てて写真を撮たら バックミラーだった。 道路の反対側は空き家もあるが年寄りが二人住んでいる家もある。 右側の竹藪の境界には柵はしてあるが何処か壊しているのだろう。 田植真っ最中でとてもイノシシを追い払う余裕は無い。 落ち着いたらイノシシ対策を再開しよう。

雨降りはよい休憩になった

イメージ
 (20240512) 雨が降ってランチや買い物に庄原市内に出かけた。 田植と代かきの連チャンで疲れた体には ベストタイミングの休憩だった。 買い物から帰り昨日から温度を上げていた芽出し器を見たら 設計時間通り白い芽が出ていた。 時間を忘れてもう一時間遊んでいたら 芽が出すぎていたかも知れん。 買い物途中で急に思い出し慌てて帰ったので 芽止めに間に合った。 よく雨が降り比和川の水位が上がり水も濁った。 こんな時は家の横にある谷川から僕らの水路に土砂が入るので 堰板を外して土砂を下流に流す作業をする。 その時堰板に大水でお客さんが引っ掛かっていた。 このまま堰板を外せば比和川に流されるのでタモ網ですくって コンクリートでない上流側の土水路に放流した。 バックホーで水路掃除する時に 出てきてビックリしたことがあるので このあたりに棲みついているのは間違いないと思う。 タモは80cmのものだ。 動くので確認はできなかったが1mはあるんだと思う。 この大きさには何年かかったんだろう。 指も5本あって生きた化石と呼ばれるのも納得した。 いい休憩になった。 明日からまた働くことができるだろう。

老化苗は限界に近づいた

イメージ
 (20240511) 昼までと夕方で0.7ha の田植を済ませた。 残りの田植は1.4haになった。 昼間の2時間は右下の三枚の粗代かきを済ませた。 満水状態の所にトラクターが入ったので 良い粗代とはならないが一応入って高速で 水と土をかき回しておいた。 水位が下がるともう一度丁寧に田植代をかいて 田植に備える。 明日は雨だ。田植ができないので体を休めようと思う。 残り少なくなったハウスの中の老化苗を見ると不敏でならない。 奇麗な緑の葉が黄色になり,葉っぱの先は枯れ始めた。 苗半作という言葉があるが 今年の状況ではどうにもならん。 田んぼに植えたら復活してくれることを祈ろう。

田植は残り40%

イメージ
  (20240510) 代かきは右下の約0.3ha になった。 田植は60%が完了し、請負を含めて残り2ha (40%)になった。 頑張れば残りの田植は二日で済みそうなんだけど 代かきが残っている。 明日代かきをするにしても土が落ち着かないと 田植はできない。 天気も下り坂のようなのでコシヒカリの千秋楽は 14日(火)としよう。

ブログは農作業日誌になった

イメージ
  (20240509) 今日の田植は0.35ha 追加して、 明日以降の赤い印の田んぼが残っている。 一昨日と今日で植えた田んぼは左上の青になっている。 代かきの進捗を見ると赤い印が済んでいない田んぼになる。 右下の三枚(0.3ha)は粗起しをしただけなので 昨日から水を入れている。 明日から田植の合間にここの粗代を済ませる。 日曜日にはコシヒカリの田植が済みそうだけど 良い天気が続けばの話なので 前倒しで頑張るつもりでいる。 嫁さんがフキとカケゼリを採ってきた。 これで春の山菜はほとんど終わった。 今年は暖冬で山菜は良くなかったらしい。 米も山菜も気温上昇の影響があるのかもしれんなと思う。

カープの連勝は元気をもらった

イメージ
  (20240508) 小雨交じりの北風の吹く寒い一日だった。 雨の合間を見て肥料を装填して 田植を強行した。 0.25haの田んぼは長方形なので 田植の時間は30分程度だった。 こんな条件の良い田んぼは連続して植えていかないと 効率よく作業が進まない。 実感としては植える時間より苗と肥料を積んで、 余った肥料の後片付けなどの方が長かった。 天気もよくないし田んぼの水管理の状態も悪かったので 時間はかかってもここだけ植えたのは正解だった。 今日現在の田植の進捗率は41%、 代かきが77%になった。 寒くても暑くても作業はしんどいが カープの連勝は元気をもらえた。 明日は代かきも田植も今日よりは進むだろう。

順調とは言わないが先が見えてきた

イメージ
  (20240507) 一番便利の悪い山奥の田んぼの田植を済ませた。 途中雨が降り出し濡れて寒さに震えた。 風邪をひいたかと思ったけど 昼休憩に炬燵に電源を入れて温もったら元気になった。 この田んぼは作業路が狭く8条田植機が使えないので 6条植の新品実演機を借りてきた。 苗運びは運搬車でやるのだが 悪路なので苗コンテナから苗箱10枚余りが落下した。 毎年のことで嫌になるが 面積は合わせて30aある。 何事もなければ我が家一族が年間養える20俵近くの収穫量があるので めんどくさくてもやめるわけにいかん。 昨年は イノシシが入り収穫は半作だった。 難所が済んだので気持ちが楽になった。 今日の代かきは小さな田んぼを追加して進捗率は70%となった。 残りの代かき30%は請負の所を含めて1.6ha 。 順調ではないと思うが先が見えてきた。

次の種まきを忘れていた

イメージ
 (2240506) 長男が昼まで代掻きと苗の積み込みを手伝ってくれて 広島に帰って行った。 今日は田植を一日休んで代掻きに専念したので 代掻きの済んだ田んぼは約0.8haが追加となって 田植ができる田んぼは1.8haになった。 明日から田んぼの水を見ながら 条件の整った田んぼから田植をしていく。 代掻きと田植に忙しくしていたら 次の種まきの準備を忘れていた。 今日から浸漬を始めるけど 最速で9日間は見ないと種まきにならん。 昨年の二回目の種まきは連休の 5月4日 だった。 今年の二回目の種まきは昨年より11日遅れの 5月15日にやることにした。 遅いのは良い方向になるか悪い方向になるのかは 秋の収穫をしてみないとわからない。 昨年は5月末までに田植を済ませたが 最終的には稲の病気が出たりして収穫量は少なかった。 今年は良い方向になると信じて作業を進めよう。

田植は三分の一が済んだ

イメージ
  (20240505) 子供の日だけどお守は嫁さんに任せて 農作業を進めた。 コシヒカリの代掻きは0.5ha 追加し進捗率は61%。 田植は0.86ha 済ませて進捗率は35%になった。 明日は雨が50%なので田植は中止して 代掻きに専念する。 トラクターがガス欠になる。 明日はトラックから抜いて間に合わせよう。

初田植は0.8ha 済ませた

イメージ
 (20240504) 長男に手伝ってもらい家の周りから田植を始めた。 苗の積み込みと補給があるので田植労力は半分で済む。 田植の日誌を書くと0.8ha 、進捗率14%になった。 昼間は野球帽をかぶっていても耳の後ろがジリジリ焼ける感じだった。 これでは堪らんと午後からはラジオでカープを聞きながら 田んぼ三枚の田植代0.45haを追加した。 今日もまずい試合が続いているなと思っていたら 7回に代打の松山が勝ち越し3ランを放ち 球場に詰めかけた人には最高の試合を提供したことだろう。 それにしてもカープの4番打者(堂林)に代打とは どうなっているんだろう。 長いペナントレースにはどういう影響がでるのかわからん。 明日の試合も注目されるだろう。 明日の田植は午前と午後に分け、昼間はラジオを聞きながら 田植代を掻くことにしよう。 コシヒカリの田植代の進捗は50%、 この調子だと田植が追いついてくるので 代掻きのピッチを上げることにした。

田植代(本代ともいう)の進捗は41%

イメージ
 (20240503) 長男が手伝いに帰ってくれて田植前の代かきが 家の周りは片付いた。 日誌を付けると今日だけで1.5ha完了した。 昨日を合わせると2.0haが完了して コシヒカリだけの田植代の進捗率は41%になった。  僕はトラクターに乗らないで 明日からの田植の準備などに集中した。 明日は朝一番に苗を積み込んで植えてみる。 昼から娘も孫を二人連れて帰ってきた。 夜は山菜の天ぷらやご馳走が並んで賑やかだった。 今年は病み上がりでタケノコ料理や山菜の天ぷらが 喰えんかと思ったけど ここに来てチャンと体に取り込むことができた。 体の燃料は補給した。 明日から頑張ることができるだろう。

早速トラブルになった

イメージ
  (20240502) 代掻きローターの出番が来たので取り付けた。 家の前の02ha は順調に仕上がったが 次の田んぼの0.3haでつまずいた。 水路のコンクリート壁のある底なしの田んぼで 身動きがとれなくなり 無理やり脱出したらコンクリート壁に代掻きローターのカバーを ぶっつけて変形させてしまった。 たいしたことではないと代を掻いてみたら とても田植のできる仕上がりにならなかった。 修理するのに2時間もかかってしまった。 上手く修理したと思うけど 明日の朝一番で試運転をしてみる。 壊れたまま代を掻いた0.3ha の田んぼは トラクターの足跡が残る とても良い代掻きになったとは言えない。 この田んぼんの左の水路コンクリートの周りは 今回だけでなく毎年トラクターが難儀をする難所だ。 試運転がてら代掻きのやり直しに入る気はしないので 田面の水が落ちたらこのまま田植えをしてみることにした。

かなりのハイペース

イメージ
  (20240501) 今日のトラクターの作業終わりの時間は1120hrだった。 表示を変えるとオイル交換から63時間経過したと出る。 今回の交換は4月12日なので3週間で60時間作業したことになった。 途中一週間は休んだので 一日平均5時間ぐらい乗っていた計算になる。 遅れを取り戻そうとかなりのハイペースで頑張ったことになった。 粗代掻きが全部済んではいないが 田植を始めなければならん。 家の周りの田んぼが田植代をかく水かげんになった。 代かきローターを出してトラクターに接続してみよう。

外見は元通りに

イメージ
  (20240430) お世話になっている庄原市内の医院に 血液検査の結果を聞きに行った。 体は元に戻ったような感じはあるし 何を食べても異常はない。 完治のお言葉があるかと思ったけど結果はNOだった。 炎症反応は落ち着いたがクレアチンの数値が基準値を越えている。 脱水症の後遺症だろうから 点滴をしないで2週間様子を見ることになった。 もらった薬はどこかでよく聞くビオフェルミンという整腸薬。 体は元に戻った感じなので明日から一日中トラクターを動かす。 今週末から田植ができるようになるだろう。