投稿

8月, 2022の投稿を表示しています

盆休み返上になった

イメージ
  (20220814) 昨日のイノシシ目撃情報の所から写真を撮った。 僕がパトロールするのは家の前の道路だからこちら側の方が 高い位置になるので被害状況の把握はよくできる。 拡大すると田んぼの中のザワツキのようなものはイノシシの荒らした跡だ。 大したことのようには見えないがこれで5%から10%は被害にあっている。 僕が車中泊した所は前方の家から右下の川に伸びる道路の真ん中あたり。 腰が痛くて真夜中に帰宅したけど 朝電柵を確認したら左から右へ抜けようと電線を引っかけていた。 下手をすればまだ田んぼの中で暮らしているかも知れん。 ドローンを飛ばして追い出しを図りたいけど 軽トラに載せ移動しているときプロポに薬剤をかけてしまった。 スイッチを切っても電源が落ちない。 ドローンとのリンクが切れていしまい操作不能になった。 ポタ落ち機能は付いているはずだけど 大きな操作ミスをして散布ポンプのスイッチが入ったかもしれん。 蓋を開いてみるけど何のことやら訳わからん。 スイッチの所を掃除すればよいのかもしれんが 手に合いそうにない。 箱罠を仕掛けたけど外側の餌しか食わない。 ここから用心をして中に入らない。 満月で明るいせいかもしれん。 辛抱強く入るのを待つ事にしよう。

まだ何事も起こらん

イメージ
 (20220813) 暗いうちから農薬散布の準備をして田んぼに向かった。 朝早いのに田んぼの向こう側に軽トラが止まっている。 上の白いのは国道のガードレール。 比和川をはさんでいるが田んぼの向こう側は僕の立っているところより 高い位置で距離も近いからイノシシの状態がよく見えたらしい。 「あんたんとこもやれんのー、今さっき3匹出て行ったでー」とわざわざ報告に 来てくれた。 電柵も柵も直したはずなのに入っているとは。 これはではまた点検をしないとイケンと思ったけど 農薬散布がある。 ドローンを飛ばしていると前の田んぼがガサガサいう。 ドローンにびっくりして中ぐらいのイノシシが走ってこちらに向かってきた。 昼間はバッテリー節約のため電源が落ちている。 目の前の電柵を簡単にかいくぐり山に帰っていった。 電柵は切られることなく碍子が持ち上がっただけで済んだ。 電源の落ちている線は痛くないということを学習されたかも。 そんなことがあって電柵の効果が落ちているのかもしれんと 今まで張った電柵の下草刈りを全部済ませた。 後半は台風の余波もあって風が吹いて快適だった。 どうも電柵の効果が出ていない。 被害の一番ひどい田んぼは今夜一晩泊まってどこから来るか 確認してみることにした。 今シーズンの車中泊は2日目。 車内でブログは書けるけどマットレスがないと板の間で寝るようで 辛抱できん。 明日適当なクッションを買いに行こう。 スマホにデータに関する警告が出た。 ギガライトで契約しているけど車内でテザリングを使いすぎたようだ。 夜11時を過ぎた。外は何事も起こらん。今日は出ない日と決めてもう寝よう。

まずは電柵の処分

イメージ
 (20220812) 半日会議があって休憩したようなもんだけど もうしんどくて何もやる気がおきん。 電柵の杭を作らんといけんが折れた杭を 不燃ごみに出すために短くした。 庄原市では専用のゴミ袋を購入して袋に入るサイズにして出せば 無料で回収してくれる。本当は産業ゴミだろうけど 変なものではないので知らん顔をしてだしておく。 碍子は使えるので再利用する。 杭になる鉄筋を切らんといけんがもう間に合わん。 市販の杭を買ってこよう。 電柵の下草刈りもしないとイケンが今日はどうにも体が動かん。 明日墓参りを済ませてから取り掛かることにしよう。

もう頭にきた

イメージ
 (20220811) 今年は守り切ると誓った所にイノシシが入っている。 ぐるりを皿をなめるように出入り口を探したけどわからない。 護岸を駆け上がって入るのを疑ってブロックの天端に電柵をすることにした。 最近のブロック積みは環境ブロックと言って人間が 素手で登ることのできる構造だ。 イノシシの爪がかかりやすい構造なので めんどくさくても ドリルで穴を開け鉄筋杭を打ち込んだ。 コンクリートは電柵が効きにくいと聞いているが 駆け上がった所に電柵があるから効果テキメンだろう。 山奥の田んぼも無事ではいられなかった。 穂が出る前は全く入る気配がなかったから パトロールにも行っていなかった。 これは大変と点検したら田んぼの出入り口をこじ開けて入っていた。 水管理で出入りするし、機械を入れるからがんじがらめにはしたくなかった。 一応補強して簡単には持ち上がらんようにしておいた。 もう頭にきた。忙しかったけど近くの箱罠に餌を入れた。 大きな親は無理かも知らんが小さいのが入れば 数減らしにはなるだろう。

とうとう車中泊に

イメージ
(20220810)  田んぼにN-VANを乗りつけBlogを書いている。 テントを張ってなどと思っていたらとてもそんな気にはなれんかった。 今日は人間ドックの日。 車検やらコンバインのドックはいつもするけど生身のドックも 年一回はすることにしている。 広島市内に行くのは車が多くて嫌だけどたまには刺激になってよい。 朝イノシシが電柵をけり倒して入っている。左から右へ。 というか足に線を引っ掛け杭が倒れ 線が絡まったのか切られている 立て直しは鉄筋の杭を増設して立て込んでおいた。 さらに現場で車を置いて見張っているので今日は守り切れるだろう。 エンジンかけっぱなしは環境に良くない。 窓は半開きで蚊取り線香を焚くと言ったらご勘弁ということになって ベープを焚いている。 車の中はパソコンや扇風機ぐらい半日以上持つ非常用電源がある。 ヤフオクの2万円だったけど役に立っている。 NーVANは助手席をたためば僕一人は荷物があっても寝れる。 どのメーカーのVANもそうなっていると思うけど パソコンや食器を置く机が必要だ。 カープは勝って安心していると外ではガサガサと音がする。 PM10:00お出ましになった。追い払うことにしよう。

とんでもないことが起きた

イメージ
 (20220809) とんでもないことが起きた。 昨日の写真の田んぼの被害が拡大している。 電柵も蹴り飛ばしている。 死守するには泊まり込みしかないと覚悟を決めようと思っていた。 イノシシ被害がある所もいもち病とカメムシの防除はせなばならん。 写真はドローンを引っ張り出そうとしたら猫が「テミ」に入って寝ていた。 プラが冷たいのか暑さにバテのかは知らんが面白いので今日の写真はこれにした。 とんでもないこととはドローンを被害の田んぼで飛ばしていると びっくりしたのか大きなイノシシが飛び出てきた。 毎日柵は点検して修理している。電柵も漏電などは丁寧に点検している。 なのに被害の拡大はなんでだろうと悩んでいた。 飛び出してきたことで一瞬にして訳がわかった。 中で飼育しているから被害は広がるはずである。 当分近づかないでほしいと思うけどコシヒカリの実が充実してくるから そんな願いは無理だろう。 今年は本当に独りぼっちキャンプを被害の田んぼでせねばならんかも。 料理はヨウ作らんから蚊取り線香を焚いて一人晩酌で見張るとしよう。 まずは蔵に行ってテント探しから始めなければならん。 遭遇して噛まれたりして救急車で搬送されたら新聞沙汰だ。 槍を研いで今年は勝負するぞ。

昨年と同じように被害が出だした

イメージ
 (20220808) 家の前がどうのこうのと騒いでいたら コシヒカリが一番多い田んぼの 道路から見えにくい所は被害が広がっていた。 道路は向こう側で道路から見てはこの被害は見えない。 電柵と金網を点検したら二日前に修理したばかりの所を壊していた。 電柵を張った所は一様に避けているようで効果を発揮しているようだ。 昼過ぎに修理したのだけどスマホを持って出るのを忘れた。 実質一万歩に近いことになっているだろう。 7月20日 に完成した柵を川向こうから見た所。 前にあった柵の所をイノシシが掘り返して土を川に落としている。 掘っているところから上は昔の石積みがあるから 掘り返すことはできない。 柵を上に移動して大正解。 移動していなかったら柵は何度も壊されていただろう。 イノシシは石積みなんかは簡単に駆け上がるが そこから上に柵があり更に目隠しのトタンがあるから 乗り越えることは不可能。 ここだけは安心して見ていられる。 拡大すると白い線が写っている。 これは雨です。

とうとう家の前に出るようになった

イメージ
  (20220807) 電柵のバッテリーを充電しソーラーパネルをくっつけて 順次稼働を始めた。 一安心というところだけど家の前の田んぼが変。 これはイノシシが入っていると直感した。 よく見えないが真ん中を縦に川の方から歩いている。 左のくぼみは枕地で田植え機が苗を植えていないところで 縦に歩いていたので気が付いた。 手前の田んぼは穂が出ていなくて穂が出ている 僕の田んぼだけを荒らして帰っている。 柵を点検するとジャンプして入ったのがわかる。 1.2mの柵はいささか高いようでひっかけている。 出る時は柵の向こうは広い水路があり飛び降りる格好になるので 押し倒して出て行っている。 田んぼの足跡からするとビックサイズだ。 5mmの柵なんか平気で壊す。 電柵をしたいがここは他人の田んぼで草も刈っていない。 ひとまず修理はしておいた。しばらく様子を見よう。 電柵の展開、柵の点検修理でこの歩数。 これから電柵と柵の点検はバイクでできないところは歩くしかない。 先日ほどではないが結構いい運動になっていると思う。

法事もそこそこに電柵張り

イメージ
  (20220806) 今日は嫁さんの実家の納骨の日だった。 被爆者名簿の一員になったわけで原爆忌に重なったのは 何かの縁かも知れん。 法事だったけどコシヒカリの田んぼは一刻の猶予もないので 早めに帰って電柵を一生懸命張った。 電源は入っていないところはあるけど 明日からバッテリーを準備して順次電源を入れていく。 道路脇に建てるので古い杭は折れたり頭が潰れたりする。 再利用はできないので使える碍子は外して不燃物のゴミに出すしかない。 コシヒカリの田んぼはほぼ完成したが 盆前から酒米の田んぼも張らなければならん。 杭が不足するので鉄筋を刻んで作成に取り掛かろう。

コシヒカリの電柵はまだ三分の一

イメージ
 (20220805) イノシシ被害が広がっている。 二か所目も何とか電柵を張ったけど次から次へと 被害が広がる。 草刈だけは先回りしているが杭の建込と柵線を張るのが残っている。 曇り空で日差しは緩かったが蒸し暑かった。 杭も古くなって折れるのが多発。 今シーズンすでに10本くらい折れた。 軟らかい地盤なら手で刺すくらいの事ですむけど もう手にマメが出るほど叩いた。 最終的には鉄筋を刻んで補足しないと足らないことになるだろう。 鉄筋杭は重たいが固い地盤でもしっかり打込める。 市販品の長差は90cmだけど鉄筋は1mにできる。 地盤の固い所は全ぼ鉄筋にしようと思う。 石の少ない地盤が羨ましいことこの上ない。 稲穂の充実が今一なのだろう中に入らず田んぼの畔を掘り返している。 畔に餌になるようなものがあるとは思えんが不思議だ。 大きな石があればひっくり返している。 僕らはミミズでも掘っているのかと思っていたが 昔どこかの研修会で聞いた話だけど 遊んでいるだけという説もある。 僕らが磯で石をひっくり返して何か生き物がいないか探している ようなもんだろうか。 電柵はコシヒカリの部分でいえば三分の一位が済んだ感じ。 残りを急がなばならん。 電柵張りも結構歩く。 AMは草刈でPMは杭立てと線張。 消費カロリーは缶ビール2本程度しかならん。 補給十分なので もう1.5倍は歩きたいけど体が拒否する。 真夏の事だほどほどにしておこう。

電柵一号

イメージ
    (20220804) 一日遊んだつけが来た。 とうとうイノシシが田んぼを荒らし始めた。 この写真ではよくわからけど近くに行けば相当被害がある。 昨日までは畔を歩いたり田んぼを横切る程度だったのが 一転して昨夜からは穂をかじりながら田んぼの中を荒らしている。 ここは左の川からの侵入は阻止するよう柵をかさ上げをして目隠しのトタンもしている。 ぐるり柵もあるので完璧に防御できると思っていた。 どこから入ったかわからんけど出たところは確認できた。 柵の低い所を強く押してダメだったので柵に足をかけて柵を乗り越えている。 大きいのは腹がつかえて柵を壊すが柵は泥のついた足跡しか残っていない。 身軽な奴が現れたのだと思う。 柵のかさ上げは手間がかかるので入ってきそうなところの 柵の内側に電柵第一号を張って電源を入れた。 暗くなってアース側(右の黄色線)のねじを締めようとして出力側(左の白線側)を 触ってしまった。 人間テスターになったわけで目から火が出るほどショックが来た。 電気ショックは何年ぶりだろう これならイノシシも恐れるはずと納得した。 酒米の穂肥をしないといけなかった。 収量はさておきイノシシ被害にあってはなんにもならん。 肥料は来年に繰り越して 明日も草刈りと電柵張に専念しよう。

争奪戦の現場を見た

イメージ
 (20220803) 草は延びるしイノシシが田んぼに入る。 電柵をしないといけないが暑くてやる気が出ん。 米の出荷をするため精米所に出向かなくてはならなくなった。 箱罠の餌が必要なので糠を持ち帰れる三次市の精米所に出かけた。 三次も庄原も過去最高の感染拡大になるであろうと 言うのにだ。 久しぶりに嫁さんと外食やらショッピングというものを楽しんだ。 精米所はホームセンターにあり4袋精米したらたっぷり糠があった。 一袋で3㎏くらいの糠が採れるけど 前の人のもあったので30㍑ゴミ袋4杯ぐらい採れた。 比和の精米所には毎回たくさんの糠を寄付していることが良く分かった。 汗だくで精米して糠を取り終えると知らん工事屋さん風のオジサンが スーと来て糠の所を覗いて行った。 恐らく猟師関係の人だろう。 ここも奪い合いが始まっているようだ。 精米している間に持って帰られたのではたまらん。 次の精米は見張りを立てるか看板を出してやらなければならんだろう。 箱罠は蔓性の草が巻き付いていい感じになっている。 この箱罠はよく入る。 今年は3頭ぐらいは獲りたいと思っている。

グリーンモンスターは僕のところだけ繁盛する

イメージ
 (20220802) 柵の向こうは比和川がありその先に僕の作業小屋と隣の家がある。 真ん中の横一列の柵にはびっしりグリーンモンスターがはびこっている。 ラウンドアップで枯らす前の写真を撮った。 一週間もすれば茶色になって枯れるだろう。 写真の右側(上流側)は隣家の田んぼがあり草刈りが徹底されているけど イノシシが川を歩いてきて柵の下を掘り返している。 上流に向け確認できているだけで5か所くらいある。 地盤が固いのもあって掘り返しただけで途中であきらめたようである。 この一帯は柵だけで守られている。 人通りが多いのと車が頻繁に走るからだろう。 残念なことに僕はこの一帯に1haしかない。 他は柵だけでは守れないので電柵が必要になる。 電柵もだけど箱罠の設置もしておこう。

本命のアユは一桁

イメージ
 (20220801) 半日川で遊んだ。 川で泳いだのは30年ぶりだろうか。 ウエットスーツを着て泳いだのは初めてだ。 泳ぎにくくて深い所には潜れんかった。 おもりを腰に付けんと潜りは無理、 次に活かすことにしよう。 本命のアユは食べれそうなのが一桁、 その代わりアマゴがたくさん獲れた。 大きくなって銀鮭に似た顔つきになっている。 海で飼えば高級魚になるんだろう。 刺身で食ったけど結構いけた。 泳ぎは全身運動、ひどく疲れた。 ガッツリ昼寝をして柵を見て回る。 2か所修理箇所があったけどとても直す気にはなれんかった。 先日の場所 からは500mは離れているが この柵の壊し方は同じや奴だと思う。 電柵が急がれる。明日からがんばろう。

クズの特効薬をおみまいした

イメージ
  (20220731) 昨年イノシシの一番被害のひどかった所から 電柵を張ろうと草刈を始めた。 平坦地の草刈ならサッサとやれるが 前に見える蔓性の葛(クズ)は厄介だ。 グリーンモンスターとはよく言ったものだ。 ここは千坪がほぼ壊滅したところ。 今年は守り切る覚悟でいる。 草刈機の燃料二杯で腰が痛くなった。 4ストロークで燃費がいいから今日の草刈ノルマは達成した。 グリーンモンスターはほっとけばどんどん広がってくる。 ラウンドアップをたっぷりおみまいしておいたから 盆ごろには綺麗に枯れているだろう。 ビールは美味いが冷やした酒もイイ。 冷酒は吟醸酒以上でないといけないことにしている。 明日は魚籠(ビク)持ちで参加すれば分け前がもらえるだろう。 冷酒と鮎料理は合うかもしれん。 心臓がマヒしてはイカンので準備運動をしてから 川に入ることにしよう。