投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

Remember April 10

イメージ
(20190530)

苗もカープも順調だ。 一週間もすれば田植が始められるだろう。
気の毒なほどチーム状況の差が出た試合だった。 カープ選手は4月10日ヤクルト戦、延長10回12失点の歴史的敗退を 肝に命じて戦っているのだと思う。 カープにあったことをツバメに返した訳で 連敗記録の途中なので余計に目立つ格好だ。 カープが優勝した時の石井・河田コーチが いるのも何かの縁だろう。 明日から阪神戦。負け越しは許されない状況になった。 などと心配しているうちが花か・・・・

見かねたか?

イメージ
(20190529)

草刈は一様済ませたのだが近くのおじいさんが 刈り跡がずさんなので見かねて仕上げをしてくれた。 おじいさんは僕の親父と同級生で 90歳になろうというのに元気だ。 毎日畑の世話や僕が借りている 自分の家の田んぼの草を刈っている。 先代から引き継いだ庭木も プロ級の技で完璧に手入れが行き届いている。 長男は僕と同級生で広島に住んでいる。 こまめなので3代続いて庭木の手入れをするかもしれない。
カープはまた勝ってしまった。 ツバメさん今日もよろしくお願いします。


圧倒的な活躍

イメージ
(20190528)

半日で3haほどの条件のよい田んぼの草刈は済ませた。 細部は人力になるが圧倒的な機械力を スライドモアーは発揮してくれる。 明日からは田んぼの水と苗の管理をしながら 代掻きを進める。
カープの試合観戦はいささか疲れた。 農作業の疲れもあるが 毎日あのような試合では身が持たぬ。 それにして後半7四球も出してよく勝った。 ツバメが弱いのかカープが強いのか意見の 分かれるところだ。 ツバメにあることはカープにもあるのがプロの世界。 ここは徹底的にだろう。

最終の箱並べ

イメージ
(20190527)

金曜日午前中まいた苗箱が丁度3日(72時間)経って 一番上の箱の苗が1cmを越えた。 まいた数が少ないので下の段の苗も上ほどでないが 白い芽が出そろっている。 正午にシートをめくって曇だったので 3時間ぐらい放置していたら上の段だけは少し緑化が進んだようだ。 晴天なら焼ける心配があるのですぐにハウスに広げてアルミシートを かけるのだが明日の昼まで太陽は出ない予報だ。 休みながら広げたので体は少し楽をした。 苗箱の準備は水をやって10cm以上になって根が張ってくれば 田植ができるようになる。 明日以降は田植の済んでいない畔の草刈をして田んぼに水を入れ 順次代掻きを進めていく。 残り4ha。田植の進捗率は50%になった。

駆除班出動

イメージ
(20190526)

土曜日の有害鳥獣駆除班の集合写真。 欠席者を入れても町内で会員は20人も満たない。 飛び道具を持っているにしても鳥獣の数が圧倒的に多いので 人間の方が負けている。 近隣の町村で一町村当たり銃砲所持者は片手以下になったと聞く。 高齢で免許を返納するので減少に歯止めがかからない。 もうすぐ日本ではハンターという文化は消滅するだろう。 直会で飲んだくれたので明日からは真面目に草刈に取り組む。
カープの試合をネットで聞いていたら 9回表2アウト鈴木3塁のところで突然中継が繋がらなくなった。 BS放送は途切れなかったようだが不思議な現象だった。 トランプさんの影響だと思うのだが 負ける中継が聞こえなかったのでちょうどよかった。 全部勝つ訳にはいかないので良い休憩だと思いたい。




新兵器

イメージ
(20190525)

平坦地を刈るトラクターに装着する草刈機(モアー)は 集落の共同の機械として ちょくちょく見かける。 僕が管理している集落のトラクターにもついている。 この機械は斜面を刈れるので圧倒的な作業能力を発揮する。 田んぼからも作業するので僕のように田植が遅いものだけしか 導入するメリットはないと思う。 このモアーの作業幅は1.4m、希望は1.5mだったが発注して 3か月以上待たないと手に入らないということで この機種に落ち着いた。 刈り跡は雑だが圧倒的な能力だ。今シーズン一回目の草刈は これで何とかなりそうだ。
今日は有害鳥獣駆除の日で慰霊祭もある。 あれほどいたカラスが一斉にいなくなった。 猟師の無線を聞いていると思うのは僕だけではないだろう。 確保したタヌキも有害の部類に入っている。 僕も猟友会の一員として実績を上げたことになった。 直会の後、野球中継を見ていたがダウンして寝てしまった。 勝っていてよかった。巨人さんありがとう。

犯人確保

イメージ
(20190524)

ハウス内を歩き回る犯人はタヌキだった。 アナグマもいることもあるが 近くのタヌキのトイレに新しい糞があったので タヌキが来ていると予想していた。 選んで置いた餌は皆食べている。 雑食なので何でもありだということだろう。
最後の種まきも済んだし ハウスに広げた苗も順調に緑化しているので一安心している。 カープも順調だし今のところ不安材料はない。
次の田植までの間に一回目の草刈を済ませる。 アルバイトも頼むが新しい草刈機の導入を決めた。 トラクターに装着するスライドモアーという機械だ。 おそらく市内全域でも初めて導入された部類だろう。 草刈の重労働がエアコンの効いたトラクターでできるのだから 大変な進化だと思う。 明日は草刈の様子を載せることになるだろう。




竜宮の使い

イメージ
(20190523)


昨年取水枡で助けた亀が田んぼにいた。 稲を荒らすほどのことではないが少しだけ 踏んだところがある。 許容限度の内なので退去させるでもなく眺めている。 数日前から気付いていたのだが時々見えなくなる。 背中に泥を乗せているので土に潜っているのかも 知れない。
苗箱を並べた上を歩く奴がいる。これは我慢できないので 箱罠を仕掛ける。 昨年までは猫などの小さい動物用で対応したが 今年は小型のイノシシでも入る 中型のものを仕掛けた。 いろんな餌を入れているので明日の朝が楽しみだ。
明日は最後の種まきをする。 籾量40㎏なので200箱程度まけば終了だ。 機械の能力からしてまく時間は1時間だが 多くても少なくても段取りと片づけは同じなので 効率はぐっと下がって箱当たりの種まき時間は多くなる。 今のところ改良点はないが 暑さ対策だけをすれば今年の種まきは無事終わりそうだ。
カープの試合のない日は何かつまらない。 明日からは巨人戦だからTV中継はある。 熱い戦いになりそうだ。


苗箱平置き

イメージ
(20190522)

日曜日に種まきした苗箱を育苗器から出して 一日かけてハウスの中に広げた。 一枚3キロとして約1.5トンを置いたことになる。 余りにも天気がよくてまだ緑化していない苗が 焼けてはいけないので 手前はアルミシートをかぶせている。 天気は夏日だったが強風が夕方まで吹いた。 汗をかいて陰に入れば寒かった。 鉄アングルなどで押さえてはいるが何度もシートがめくれ 強烈な直射日光を浴びたので苗が焼けたところが あるかも知れない。 明日以降にならないと結果はわからないだろう。
作業が済んでカープの試合を見た。 強いので安心して見ていられる。 今日は重労働だったので非常に疲れた。 明日は機械の整備をして体はお休みをいただく。




急いで球場へ

イメージ
(20190521)

大急ぎで田植を済ませ球場に向かった。 ここの田んぼは川から山に向かって長い。 長い方から植えて線形が見えるので 失敗がバレやすい。 気にする人はわざと道路に沿って植えて 線が見えないようにする人もいるが 僕は全く気にしないで田植をする。 気にして植えていたら疲れが倍増するからだ。


5回ツーアウト満塁、バッター菊地の場面。 2点入ったが最終回1点差に詰め寄られた。 結局8回松山の押出の1点で勝った。 8回タイムリーが1本出ていれば楽勝だった。 9回抑えの中崎君の不安が増大した一戦だった。

アオガエルの七変化

イメージ
(20190520)

雨予報なので田植機の施肥部分を組み立て エンジンオイルを交換した後は一日ブラブラして 何もする気が起きなかった。 田植の中休みということと種まきが済んだことで 疲れがドット出たのだろう。 種まきがもう一回残っているが休まないことには 再起動ができない。
無気力状態で写真を一枚も撮っていないので 先日の面白い写真を載せる。 田植機を洗う時、動噴エンジンにいるアオガエルを見つけた。 なんとマフラーの錆色に化けているではないか。 よりによってここにいなくていいと思うのだが 気に入っているようで動かなかった。 エンジンが高い位置にあってスターターを引く時 丁度目線があって気が付いた。 何でもないようなことだが 僕は気に入ったので写真に撮った次第です。
明日は早朝から田植アルバイトをして 午後からはカープ観戦。 明日も勝って首位奪還だ。

八反35号

イメージ
(20190519)

3回目の種まきをした。酒米の特徴を書いてあった 表示を撮っていたので見直して驚いた。 採取年は29年ではないか。 何で古い種子を僕に回したのかと問い合わせたが 出芽に問題はないとの回答だった。 他所の農家はほとんど田植が済んでいるので 何も問題は起きなかったのだろうと思う。
密植した方がよいと書いてある。 毎年苗が足らなくなっては大変と 後半の1haくらいから密植していた。 田植機のコシヒカリの状況からして 苗を余らせてはいけないので 今年は中盤から密植にして増収を狙う。
スマホで野球中継を聞きながら種まき作業したら 快勝したのであっという間に済んだ。 連日連夜の勝利に疲れも吹っ飛んだ。 カープは21日三次にやってくる。 今年も観戦できることになった。 昨年は負けたので雪辱を晴らしたい。 (20180530) http://userweb.u-broad.jp/koyabara/new1003096.html#label1



カモ飛来

イメージ
(20190518)

僕の田んぼにカモが来ている。 夕方になると必ず見かける。 水を張っていれば泳ぎ回って、ついでに雑草も食べてくれる。 泳いで水が濁ると雑草も生えなくなる。 無農薬栽培にはもってこいのカモだが これでは数が少なすぎる。
一度挑戦したが8月以降田んぼから上げて 冬まで飼うのがとても負担で 食用にするのも悲しかった。 それを聞いて飼ってくる人がいたが キツネに襲われ大半を失った。 よく覚えていないが20年以上も前の話です。

カープは連勝を伸ばした。
明日勝てば本当に強くなったということだろう。
阪神がんばって。


山菜の王者?

イメージ
(20190517)

王者はタラの芽、いやカケゼリだという議論がある。 僕はタラの天婦羅に軍配を上げるが カロリーと繊維質からいって今日はカケゼリにしておく。
カープは強いぞ、本当に逆転のカープになった。 今日も放送してくれるようNHKにお願いしてもダメかな。 番組表を見たらデーゲームで放送があった。 明日は仕事にならんかもしれん。

水洗い

イメージ
(20190516)

田植機の施肥するところを分解して水洗いした。 中心部はプラスチックやステンレスだが 車体に固定する部分は鉄のところがあるので 腐っているところもある。 取り外した部品は川に浸けて塩出しのようにした。 施肥部の周りを全部オールステンレスにすれば 長く使えるが トラクターと違い田植機はいくらメンテナンスをしても 千時間を越えればスクラップになるので そこまで造りをこだわっていないのだろうと思う。 完璧に洗えばよいという考えかも知れないが 水を流しただけでは肥料成分が落ちない。 ボイラーの付いた洗車機を使う手があるなと 今気が付いた。
酒米の田植が始まるまで育苗に3週間かかる。 それまで車庫に入れ出番を待つ事になった。

廃棄

イメージ
(20190515)



コシヒカリの田植がようやく終わった。 残り1haを1日で一気に済ませた。 田植機は先日の土砂降りにあった影響で 肥料詰まりを起こした。 修理していては田植が済まないのでそのまま 作業は進めた。8条中の2条なので4/1は肥料なしだ。 夏にかけて生育むらが起きて誰が見ても 失敗しているのがわかる状況になる。 暇があれば2条分だけ手でまくことにしている。 コシヒカリが済んだことで余った苗の廃棄をすることになる。 嫌な仕事の一つだが必要枚数ギリギリでは 安心して作業ができない。 恒例行事と納得して作業を進める。 肥料詰まりの修理は大変な作業だ。 酒米の田植までは時間があるので 完全に修理して水洗いを徹底しておくことにする。

どうでもカープを書かないといけないだろう。 ツバメに2勝目をあげた。 ようやく4月の延長戦歴史的敗北の借りを 返したことになった。

ノビル

イメージ
(20190514)

田植の途中で土砂降りにあった。 田植と同時に散布する肥料が湿気ると大変なことになるので タンクの中にある間は田植を止めるわけにいかない。 田植が済んで残った肥料も蓋を開けることができないので 緊急に掃除口から捨てた。 雨が止むまでエンジンを回して熱風を送り込んだので 肥料詰まりだけは回避できた。 ずぶぬれになったが風はひいていないようだ。
そんなことがあってノビルに酢味噌を付けて カープ観戦をしながら味わっている。 小さいのは痩せた土地産で辛みが強い。 大きい方は畑の土のような所産でそれなりに美味しい。 血液サラサラ成分は痩せた土地に軍配が上がりそうだ。
カープは連勝だ。巨人の背中が見えてきた。

前半のGoalが見えた

イメージ
(20190513)

左から3枚(約1ha)のコシヒカリの田んぼの代掻きが済んだ。 この水が自然になくなる15日(水)に田植をすれば 前半戦が済む予定だ。 明日は近くの田んぼ50aの田植を頼まれている。 秋作業もするので年間で結構な外貨獲得になる。 秋はライスセンターに出せばよいと思うのだが 他所の米と混ざると嫌なので 僕に頼むということだった。 ライスセンターは悪い米を出せば良い米が帰ってきて 良い米を出す人は悪い米が帰ってくるという 特性がある。 平均するからこうなるわけでこだわる人は個人に頼む というのが多い。
16日からは日曜日の種まきの準備をする。 日程的には一週間遅れているが その分体が楽をしていることになる。



心無い者

イメージ
(20190512)


作業が終わり雉と鴨を見ながら今日も一日 がんばれたなと車で帰っていると ゴミが投げ捨てある。 僕が作業している間、市道を通行する車は ごくわずかで地元でこんなことをする人はいない。 これを見たとたんに疲れがどっと出て 心がすさんだ。 国道でもコンビニ弁当のゴミが投げ捨ててあった。 最近ストローなどのプラスチックごみが問題になっている。 ストローを廃止するという ようなことではなく ゴミの投げ捨ては重罪とした方がよいのではないかと 思うこの頃です。
非常に気分は悪いがカープが勝ったのでよしとしよう。






カモがやってきた

イメージ
(20190511)


場所がよいとトラックに田植機を直接くっつけて、 またいで苗を積み替える。 田植機に満載すると48枚が乗り 約33a(3反)の田植ができる。 他の農家のように手伝いがいる訳でもないので 一人作業の一番効率のいいやり方だと思っている。 それでも1日5反も植えれば田植機は 常にハンドルを握って運転するので体への負担が多い。 農作業の中でも田植機はパワステがついているが 一番体力を使う作業だと思う。 5月2日から始めた田植にようやく体がなじんだ感じになった。 前半のコシヒカリの田植が残り1.5haになった。 多く見積もって全体の35%の田植が済んだというところだ。
毎夕、家の前の田んぼに鴨がやってくる。 車を止めて見ると逃げないが 車から降りると途端に飛んでいく。 そっと近づいても下の写真が限界だった。





スプリンクラー増設

イメージ
(20190510)

2棟目ハウスの水やりの時間を短縮するため スプリンクラーの吊り下げ式を増設した。 既設は下からの散水で両方で水をやれば 時間を節約できる。 管径が25mmなので中国製の安いポンプで試したら圧不足で 全く機能しなかった。 毎分5㍑×10本の計算だったので毎分100㍑の能力があれば 十分と計算したのが間違いだった。 そこのところの計算式があるのだろうが 知る由もない。 ならば50mmのポンプがあるので 25mmに落として使ってみたら大正解だった。 このポンプならスプリンクラーの能力にもよるが毎分100㍑ くらいの散水能力はありそうな感じだった。 中国製のポンプは配管を外したら水が出てくる。 何かの時には役に立つだろうから 捨てないでおくことにした。

再会

イメージ
(20190509)

用水路の取水口でサンショウウオに出会った。 50㎝を越える大物だ。 昨年8月13日に救助した奴だと思う。 http://userweb.u-broad.jp/koyabara/new1003099.html#label1 このままコンクリートの水路に入り込めば 流れは速いし壁もあるので 1キロ以上這い上がれるところはなくなる。 堰板を外して。 川の本流に戻してやった。
可愛らしいという部類ではないが 魚も少なくなっている中で 生きた化石が残っているのは嬉しいことだ。

大霜

イメージ
(20190508)

今朝は大霜だった。 寒さに強い苗ではあるが ビニールに覆われているとはいえ被害を受ける。 苗が霜にあった時は日が当たるまでに水をまけば 被害がなくなる。 どこの農家も野菜の苗などが霜にあったようだ。 僕の家の酸っぱいキュウイもしおれていた。 カープは今日もダメかと思ったら 以外だった。 竜さんありがとう。



ドライブハローが帰ってきた

イメージ
(20190507)


トラクターの代掻きハローが修理から帰ってきた。 壊れた部品を見させてもらったが 中古で買ったので相当使い込んでいたことがわかる。
使ってみると田んぼを移動するとき両側を折りたむ
電動シリンダーの右側の動きが遅い。
昨年5月7日に左のシリンダーを換えたので
http://userweb.u-broad.jp/koyabara/new1003096.html#label1
右も寿命が来たらしい。
高い部品だが僕らの手には負えないので
どうせ変えることになるなら早めに注文した方が
この際いいのかもしれない。
昨年から通算で20万円以上をハローの修理に使った。
回転部の主要部品も換えたので 僕の引退まで頑張ってくれるのを願っている。


ネズミが来た

イメージ
(20190506)

連休最後だというのに車もあまり走らない。 限界集落に世の中のことは影響がないようだ。 ほとんどの農家は連休を利用して 田植えを済ませてしまった。 時々沈黙の川に竿を出すのもいたが 釣果にありついた人はいないようだった。
育苗ハウスの中の一枚だけがネズミの被害にあった。 毎年点在して被害にあうのだが 今年は一枚だけに集中したので気持ちは落ち込んでいない。 まだ表立ってスズメの被害のないのも 精神安定に大きく寄与している。

田植をしたかったが冷たい雨が降った。
近くで雷も落ちた。
県内では雹も降ったようだ。
寒くてストーブに火を入れた。
5月にストーブとは記憶にないようことだ。
明日は雨の心配がない。
田植の再開だ。






マコモタケ

イメージ
(20190505)

マコモタケの新芽が出ていた。 植えた株以外の左からも葉っぱが出ているので 地下茎が広がっているのだと思う。 右側は代を掻いたので広がっていけない。 近くにある湿地は広いので移せばたくさん採れるように なるだろう。 暇はないのはわかっているが 今年は栽培を広げて何とか食べてみたいと思う。
夏に出雲市でマコモサミットがある。 雲南市大東町の棚田のグループが主催ということだった。 冬に訪ねたが不発だったので サミットに行けなくても交流はしたいなと思っている。
明日はこの田んぼの田植えをする。 8条田植機は道幅が狭くていけない。 丁度6条田植機の実演機があるというので 貸してもらうことにした。 新しい機能を体験できることになるが 販売店の思うつぼにハマらないよう注意が必要だ。

静かな夜

イメージ
(20190504)

ようやく静かな夜が戻った。 作業が多くて何もかまってやれなかった。 孫たちの元気な姿を見ることができたので よしとしよう。
スポーツニュースを見るのも新聞を読むのも楽しい。 イヤホンから流れる実況を聞きながらの田植も超楽しかった。
ハウスの中が空くたびに田植が済んでいく。 このハウスの中が半分になると 次の種まきの準備を始める。
代掻き前と田植え後の水管理、育苗の水やりで 全体の作業が日増しに増えてきた。 ピークはまだ先だが昨年のことを思えば一週間以上 早い仕上がりだ。 6月早々には泥落としができるかもしれない。


誕生会

イメージ
(20190503)

一歳の誕生日に餅を背負って お金や米・ペンを取りに行くのだが 餅が重すぎるのと横の「がんばれ」の声が大きすぎて なかなか目的のところに行ってくれなかった。 結局米粒の入った袋を握って一万円にも手を出した。 今年の連休イベントはこれで終わった。
ヨットのオジサンが家の周りの田植代を掻いてくれたので 明日から水の少なくなった田んぼ順に田植えをしていく。 代掻きローターが修理から帰れば 代掻きと田植えの半々で作業を進める。
田植が順調に進んで育苗ハウスの中の苗が少なくなれば 酒米の種まきの準備を始めることになる。


初田植

イメージ
(20190502)

小さな田んぼだが遠くにあるので田植機は キャリーカーで移動する。 車に乗せて移動する時は横幅がはみ出るので外側2条は 折りたたんで運ぶ。 トラクターは自走でいくこともあるが 帰りは道路を汚すので基本的には キャリーカーの移動にしている。 小さな百姓でも農地が離れていればこんな車まで 用意をしなければならないのは常識になった。 農機具の足回りが壊れれば致命的(特にコンバイン)になるので 機械の延命にも大きく貢献している。 特殊な車なので時々需要があって 臨時収入になることもある。
日中に準備をして 余りにも天気が良いので日が落ちてから田植をした。 田植の日焼けは雪焼けと同じくらい肌にこたえる。 今更見栄えがどうのこうのということはないが できるだけ炎天下の田植は避けるようにしたい。 日程が込むとそんなことはできないが 忙しい中でも気を付けたいところだ。 結局田植の時間より移動や準備の方が長かった。 今後、住宅街の小さな田んぼは小作料は払わないで 料金をもらって 小作をするようなことになるだろう。
明日も晴天、ヨットのオジサンに代掻きを手伝ってもらって いよいよ5日から本格的な田植に突入する。

苗は順調カープは不調

イメージ
(20190501)

一度荒代を掻いたら田んぼを乾かしてはいけないので 毎日の水の見回りが大変になってきた。 毎日の水やりはスイッチを押せば水は出るが 水路の水なのでフィルターがすぐに詰まってしまう。 水やりはフィルターの掃除に行くようなものである。
苗は順調だ。今年は何故かネズミの被害が少ない。 5月になればスズメの襲来となるが 次の種まきからは鳥網をするので 防げるだろう。
苗の状態はいつ田植をしてもよくなったが トラクターの代掻きローターからオイルが漏れ出した。 昨年修理したのだがローターに何か巻き付きシールが破損したようだ。 見積もりに出したら他にも不具合が見つかった。 気になる所を全部換えたら17万ときた。 昨年も10万以上つぎ込んだので痛い出費になる。 新品を買うとなると軽乗用車の新品に等しい。 修理覚悟の上ヤフコクで控を探しておこうかなとも
考えている。
明日小さな田んぼの田植をしてみる。 どんどん田植をすればいいのだが代掻きローターがなくては 植え代を掻くことはできない。 ヨットのオジサンに応援を頼むことにした。




遭遇

イメージ
(20190430)

トラクターで作業に行ったら田んぼの畔で 雉のつがいと出会った。 近づくと2羽ともびっくりして飛んで逃げたのだが 雉が長い距離を飛んでいるところを初めて身近に見た。 普段は山の中にこそこそ歩くか羽をばたつかせて逃げ込むのだが 見晴らしのいいところだったので 隣りの山まで飛んで行った。
車で田んぼを見回る時も見かける。 行動範囲は狭いのでこの辺りに住み着いているのだろうと思う。 雨降りのトラクターの窓越しなのできれいに映っていないが トラクター作業ばかりで他に写真がないので あえて載せた。
少し離れているがもう一か所つがいがいる。 望遠カメラでねらえばもっとましな写真になるだろう。 トラクターのキャビンにカメラを常備しておくことにした。
明日から孫の一番小さいのが帰ってくる。 賑やかになりそうだ。