投稿

12月, 2019の投稿を表示しています

恒例行事

イメージ
(20191230)

毎年年末には餅をついている。 孫たちは昼過ぎ到着なのでその前に片付けた。 ついた餅を左の容器に入れ押し出して適当な大きさで切り 揉んで広げた状態だ。 正月の雑煮やきな粉にするとほぼなくなる。 年越しに食べる高野蕎麦も20食買ってきた。 多いように思うが総勢10人以上で食べると年を越して残っても 元旦のうちには毎年なくなっている。
明日は孫に手伝ってもらい風呂の薪づくりをして 新年を迎える事にしよう。

壁材

イメージ
(20191229)

ルーフィングはずいぶん昔のものだが しっかりしている。 厚みもあるので重い。 積雪仕様と思うので普通の車庫の屋根に使えば 十分役に立つと思う。 金具で固定するボルトの穴は両端にしかない。 よくある軽量鉄骨の物置で トラスに金具でルーフを固定、屋根にしてあったのかと想像している。 壁に固定するには3か所以上ないと不安な気がする。 4列で固定するつもりで来年から作業を再開する。
電柵を回収していて中腰になったら即腰に違和感がうまれた。 無理はいけないと作業は止めた。 焦ってもしょうがないので 買い物でもして正月を迎えよう。

体質が変わった?

イメージ
(20191228)

壁の下地にする木材を買ってきた。
折板式(ルーフィング)の廃材があるのだが
どうやって利用するか思案中だ。
廃材利用を止めてトタン施工にすれば
簡単なのだがルーフィングはしっかりしていて
捨てるのはもったいない。
イノシシ柵の下側の目隠しにすれば
利用価値はあるが柵の延長に対して一部を目隠ししても
効果は限られる。
作業小屋の建築費を数百万円節約しているのだから
壁の方もぶさいくではあるが廃材を
使い切って節約する必要がある。
ルーフィングを下地に固定する金具はネットで見つけた。
今から注文すれば正月明けには届くだろう。
これを書いてるうちに電柵の回収を思い出した。
一年中さらしておくと電線が傷んでしまう。
イノシシが線に慣れてしまうのも困る。
めんどくさいが今から回収することにした。

僕は体調が不良になって一週間が経った。
一時の最悪状態は脱したが
体質が変わった感じがする。
ご飯もおかずも半分くらいでそれ以上は
欲しくなくなった。
酒飲みが飲まなくなったら終わりだという。
そうではないことを願っている。


アッという間の完成

イメージ
(20191227)

プロの仕事はすごいなと思った。 昼からだろうがあっという間に 約50㎡の屋根のガルバトタンを張り終えて帰っていった。 僕は高所作業車があれば屋根の作業は 簡単に自分でできると考えていた。 リース屋さんに電話したら高所作業の免許を 持っているかと聞かれた。 持っている訳がないので借りるのは諦めた経緯がある。
風が強くシートが破れてしまい乾燥機が雨に濡れていた。 広いビニールシートは風をはらんでしまえばハトメがすぐに 飛んでしまう。 屋根ができたので上の部分とコントロール部を丁寧に 覆い春を待つ事にしよう。 下の部分は少々濡れて錆ても性能にはあまり影響はない。 雪が降らないなら壁の部分も少しずつ取り掛かる。
朝、目が覚めたら前日より体調はましになった。 ご飯もちゃんと食べられている。 この調子なら明日はもっと元気になっているだろう。 食い物の力はすごいなと思う。

回復の兆し

イメージ
(20191226)

朝、昼ともご飯が喉を通った。 コタツに入りTVを見たりパソコンをつついたりしている。 提出期限のある役所の書類は今回は簡単なのだが 正月に総会を開いて役所に実績報告を出すのが大変なのである。 僕の場合3集落5補助金の担当をしている。 外に出られないので書類を一気に済まそうと思ったが とてもじゃないがその気になれない。
広島宇品の極楽亭さんへの米の出荷があった。 必死の思いで精米所に行き出荷した。 重くて苦になったのは久しぶりだ。 僕は今シーズン千袋以上の米を楽々と(?)提げてきた。 弱るとこうなるかと実感している。 ぎっくり腰も怖い。ダメになるのは一瞬のことだ。
夕ご飯も食べれそうなので 明日の目覚めは爽快でありますように。

精神力では

(20191225)
夕方ようやくご飯を食べてもいいかと思ったので 親子どんぶりを作ってもらった。 味はわからなったが胃まで落ちてくれた。 風呂には入っていたので即刻寝床に。 ぐっすり寝込んだのだが部屋を暖かくしていたので 汗まみれで目が覚めた。 エネルギーの元が入ったので免疫細胞が活性化
して病原菌と戦って出た熱かと思ったりする。
一式着替えて眠ったら朝まで起きることはなかったが
体調が全く戻っていない。
(25日夕方分を26日朝に書いている。)
年賀状は印刷したがコメントはまだだ。
カレンダーを見ないと日にちがわからなくなるほど弱っている。
明日は役所に提出する書類がある。
簡単なことだが億劫でたまらない。健全な精神は肉体から
という見本みたいな年末になった。

お粥なら

(20191224)
こんな重症になったのは久しぶりだ。 食べないと元気が出ないのでスポーツ飲料で菓子パンを流し込んだ。 お腹が減っていればそれなりに美味しいのだが 今日のところはまったく美味しいとは思わない。 水分をとらないと血が濃くなるということで 携行保水液なるものを買ってきた。 味が濃いと思ったら浸透圧が高いのでゆっくり飲めとあった。 保水液は緊急用ということだろう。 寝てばかりいられないので年賀状を仕上げようと思ったが 印刷ミスばかりで嫌になった。 表を裏に、その反対もある。 本当は年賀状を止める気でいたのだが最後のあいさつ文が浮かばないので そのまま出すことになった、 夕方近くになって少し元気が出たようだ。 お粥なら食べれるような気がしてきた。

あれから40年

イメージ
(20191223)

変な病気をうつされた。頭も関節も痛いが熱はない。 嫁は金曜日から床に伏して月曜日も休んだ。 日曜日たまらず病院へ連れて行ったのだがインフルは陰性だった。 今日僕は冬の準備ということで山に入り、 大木を2本伐採したのだが急な雨に濡れてしまった。 昼からは寒気がして全く仕事にならず 葛根湯を飲んで炬燵の中で過ごした。 食べ物も全く受け付けなくなった。 山からの帰り道シイタケの所に行ってみた。 年末までシイタケは買わなくて済みそうだ。
嫁は40年間クボタの比和の営業所に勤めた。 昔は広島クボタ(株)で今は中四国クボタ(岡山本社)になった。 農機具業界もリストラで比和営業所は年末に40年の幕を閉じる。 明日は引っ越し先の庄原営業所が手伝いに来るという。 所長はインフルでどうでも事務員は出社しないといけならしい。 あと三日で退職だ。 長い間ご苦労さんでした。

錆隠し

イメージ
(20191222)

乾燥機の排風筒を付けるのにひどい錆が目立った。 研磨して塗装していては時間がかかる。 錆びたままでも問題はないが 錆の上から塗れる塗料があるので試してみた。 全体を塗ればもっと綺麗になるが 穴が空かない限り機能には影響がないので 錆が浮いた所だけ塗っている。 ぶさいくではあるが錆まみれより よっぽどまともに見える。
屋根の目途が立ったので明日から冬ごもりの準備をしようと思う。

一安心

イメージ
(20191221)

全高約5mの乾燥機を難儀をして押し込んだ。 その後乾燥機の上にシートを被せておいた。 乾燥機の中は露で錆びても大した問題ではないが前面にある 制御部分が濡れては使い物にならなくなる。 基盤がある所はしっかり防水しておこうと思う。
朗報があった。屋根やさんが都合がついたというので屋根材料の 見積に来てくれた。
屋根にあがって見てもらい
「よーやっちゃたのー」と褒めてもらった。 屋根があればシートを被せて縛って置けば 雨露はしのげる。
一安心したので清流米研究会の忘年会に参加した。 研究会と言っても特に目立った活動はしていない。 研究会として米の食味鑑定コンクールに出品して いろいろ意見を交わすだけだが いろんな米の作り方があって面白い。 今年の鑑定結果はまだもらっていないが忘年会だけは やってしまおうということだった。 上位にノミネートされれば連絡がある。 ないということは今年のコンクールも落選したということだろう。

屋根上が歩けるようになった

イメージ
(20191220)

屋根板の基本構造がほぼ完成した。 上にあがって歩きやすくなったので補強や修正する作業の 効率は各段に良くなった。 明日は寒くはなるが雨は降りそうにないので 乾燥機を入れシートをかけるまでは済ませたい。 今年も残り少なくなった。 できるだけ完成に近づけて新年を迎えたい。






中途半端になりそうだ

イメージ
(20191220)

雨が降るので作業ができないでいる。 屋根はもう少しになったが窮屈な態勢で作業をするので 意外とはかどっていない。 僕の作業も進んでいないが 屋根やさんの都合がつかないというので 屋根の完成は望めそうにない。 骨組みがあるので乾燥機を入れシートで覆うことで 今年の冬を越そうかなと考えている。 最終的には来年の夏までに完成できればいいと 思えば気が楽になった。
年賀状は止めようと思っていたが なかなかできないでいる。 雨が降れば印刷に取り掛かるとしよう。

再編・統合対象病院

イメージ
(20191218)

厚労省の審議会で 庄原市の中核病院である庄原赤十字病院が再編・統合の 対象で審議されているという。 そんな心配はなく今後も全力で地域医療にまい進するので 安心して来院してくださいという看板が 病院の玄関に置いてあった。 待合室はすでに老人ホーム化して入院させても サービスが悪いので受信者が少ないことがあるのかなと 僕は勝手に感じていた。
再編・統合に上がったのは隣りの三次病院が庄原市内から20分以内で 近いという理由だった。 僕らは通院20分のところが40分になる話だが地元は大いに 反発するのは当たり前だろう。 小学校の統廃合は20年前に済んで自治体は10年以上前に合併した。 中学校は庄原市で3校になろうかという時代である。 病院もそうゆうことになっていくんだと実感した日だった。

クランプの写真

イメージ
(20191217)
恨めしい雨が一日中降った。 猟友会の忘年会があったので参加した。 今年の猟期以外のイノシシの駆除は150頭になったという。 ウリ坊を含めての数字だが過去最高ということだった。 僕は約10分の1ほど貢献したことになった。 11月の猟期に入ってからは雪が降らないので全く獲れないという。 今度の週末には三日連続で猟をしようということになった。 僕は忙しいので参加しないが成果を期待したい。
先週からアーバン(都市)イノシシの映像がTVで流れている。 僕らはイノシシも熊も日常茶飯のことだ。 比和のイノシシは1.2mの柵も軽々と超えるようになった。 今ある柵を1.5mにしないと防ぎきれないと思うと 気分が落ち込む。 何にしても猟友会さん頑張ってください。

クランプが届いたので写真を載せる。 左が垂木止め、右は鋼管同士を繋ぐクランプだ。 何処のホームセンターでも垂木止めの方が高い。
どう見ても右の方の値段が高いと思われる。 数を使うので高くしていると感じるのは僕だけではないだろう。 せこい商売をしていると思った。

作業中断

イメージ
(2191216)

横木を止めるクランプがなくなった。 既に150個は使ったので完成までには倍以上の 数が必要になる。 当面必要な50個(一箱)を慌ててネットで注文した。 ホームセンターとネットでは送料を加えても 一個150円くらいでネットの方が50円安い。 不思議なことに鋼管を繋ぐクランプは自在・直交とも ネットよりホームセンターの方が30円くらい安い。 送料を考えると差はもっと大きくなる。 部品の材料や手間を考えると鋼管クランプが高いのは 常識と思われるが世の中わからないことが多い。 早く気付いていれば1万円近くが浮たことになるが 後の祭りだ。
明日から天気は悪くなる。 完成はまた先延ばしになりそうだ。

半分完成

イメージ
(20191215)

握っているとしびれるほど鋼管が冷たいので 軍手の上に厚いゴム手袋して作業している。 ごわごわして指先が使いにくいのだが仕方がない。 屋根の横木は半分ぐらい済んだ。 足場がないところは高くて怖いのもあって半日でようやく 一列という日もあった。 残りは足場がよくなるので 明日には完成の目途をつけ入り口側の軒先の骨組みに 取り掛かりたい。
屋根の上で作業していて無計画で無謀なことに よくも挑戦したものだとつくづく思った。 屋根屋さんがきてくれなかったら 屋根は未完成のまま年を越すことになる所だった。 僕にはまだ運がついている。 軒先の骨組みの格好はイメージできている。 横の壁の雨除けをどうするか 考えないといけなくなった。 シートで覆うのが一番手っ取り早いだろう。

美味しい食べ方

イメージ
(20191214)

硬かったが美味しく食べたという写真が届いた。 味噌漬けに比べたらローストビーフ風はエレガントな食べ方だ。 次に鹿が獲れたら真似しよう。 ソースの配合も聞いておこう。 僕らは即、飯のおかずをイメージするが 肉食になれた若者はこうするんだと思った。 イノシシも届けたのでどんな料理をしたか 聞いてみよう。
小屋の屋根板の作業が進んでいない。 いろんな雑用をすませたので作業再開と思ったが 雨にみまわれた。明日は晴れの予報だ。 集中して作業を進めることにしている。



除去装置

イメージ
(20191213)

You  Tubeを見ていたらサルフェーション除去というのをやっていた。 少しは効果があるようなのでネットで買ってみた。 本体自体では充電しない。 トラクターや車に取り付け運転していればパルスが発生。 長い間に効果が出るとうたったものだ。 車や農機具、電柵のバッテリーを数えれば 10個以上ある。トラクターなどのバッテリーは高価だ。 台数もかなりある。 2千円で弱ったバッテリーが回復してくれれば 儲けものだ。 ソーラーパネル経由でもよいとある。 試してみる価値はあると思う。

夜会

イメージ
(20191212)

本当は円光寺というお寺の院家(いんげ)さんを偲ぶ会なのだが 忘年会のようなクリスマス会、はたまた誕生会もある夜会に行ってきた。 ホルモン鍋に酒と仕上げのラーメン、デザートはケーキとくれば 糖質過多は明らか。 サプリを飲んでチャラにしておいた。 会場のノラの家では年三回ぐらい偲ぶ会が開かれる。 僕は檀家ではないが色々とお世話になった関係から 毎回呼んでもらっている。 僕の歳は下から5番目でちょうど真ん中になる。 料理当番さんありがとう。ケーキも最高でした。
僕の残す飲み会はヨットのオジサンとの二人忘年会ぐらいしか 思いつかないがもう2回ぐらいはどこかに呼んでほしいなと 思っている。
来年の偲ぶ会第一回目は桜を見る会になるのは ご時世からして当然の成り行きだろう。

田舎がいい

イメージ
(201912011)



福山で昼までブラブラして比和に帰った。 やっぱり車の少ない所が落ち着く。 カバンからパソコンを出したら袖のポケットから古いカメラが 出てきた。2013製だが当時最高の防水性を誇っていた。 大水の日水路に落として探せなくなり三日三晩して水が引いて 見つけた優れものである。もちろん水中撮影もできる。 オリンパスという不祥事から好きでなくなった会社だが性能については 認めるところがある。画素数も悪いくな。 電池に充電できればが軽トラに常備して使ってみようと思う。
小屋の作業は止まったままだ。 明日は会議が入っているので午後から作業の再開だ。

福山の夜

イメージ
(20191210)

一週間ぶりに体に入ったのが奇跡の酒だった。 自然栽培でできたというだけで美味しいと思うが しばらく飲まないでいたので特別に美味しく感じた。
右側の高橋理事長さんは「すし遊館」という回転寿司を経営している。 そういえば安佐南区の海田町に店舗があった。 今度は孫を連れて行ってみようと思う。 次の出店は商工センターらしい。 いつも行くところなので寄ってみたいと思う。 左はいつもお世話になっている自然栽培の会長さんの小林さん。
駅前にある居酒屋「とう爺」は一年ぶりだ。 店を出る前に高野のリンゴジュースが目に入った。 聞くと佐藤農園のリンゴらしい。 居酒屋さんが 隣町のリンゴ屋さんとの関係があることは身近な 店に感じて次回も訪れたいと思った。

本体構造完成

イメージ
(20191209)

高気圧に覆われたので寒々しい朝だ。 霜が溶けて鋼管の水分が落ちれば作業開始だ。 基本の構造は完成して全体がガッチリした。 屋根に上がって揺すってもあまり揺れなくなった。 崩れないためには揺れた方がいいのかとも 思ったりする。 屋根板を張れば第一目標は完成するが左側の 軒出しをどうするか作業をしながら考えている。 3m出せばへの字の完成でよい格好になるかと思う。
困ったことは腰痛で、立って歩くことと寝るには全く問題ないが 椅子に座ると痛くなる。 痛くなると寝転んで腰痛体操をしないと 前かがみで歩く昔の年よりの格好になってしまう。 昔の人はみんな田植をしてあの格好になるかと思っていたが そうでもないようだ。 明日自然栽培の忘年会がある。 肝臓は一週間休めたが長時間座っていられるか 心配になっている。




古民家ホテル

イメージ
(20191208)


夏から長く改築工事をしているなと思って見ていたら 古民家ホテルだった。 上の長者屋は比和町三河内の 慶雲寺というお寺のすぐ近くにある。 不老仙は県道庄原東城線の本村から 山の中に入ったところにある。 えらく高い値段を設定していると新聞等で見ていたが お手軽な値段でキャンペーンをしていたので紹介する。
TVでタイの高級ホテルで欧米人が泥にまみれて農業体験をして 楽しんでいるのを放送していた。 こんなこともあるので今時の古民家ホテルの需要はあると考えて 庄原市は企画したのだろうと思う。 日本なら昔ながらの田植などをセットしないと いけないだろうが日本の田舎は機械化が進みすぎている。 機械化の進んだ農業ではイベントなどを特別にしないと 魅力は薄れるのではないかと危惧している。 僕なら海が近くにあれば借りてもいいが 果たしてどんな人が泊まりに来るのか 興味津々である。

冬支度

イメージ
(20191207)

寒いし濡れている鋼管を伝い高い所に登る気がしない。 腰は痛いが先に車の冬支度を先にすることにした。 タイヤ交換で腰を痛めたことがあるので 特に慎重に作業を進めた。 軽トラと軽バン・乗用車を変えたら日が暮れた。 一日がアッと云うまに過ぎていく。 こんなことではすぐに年末になってしまう。 天気が良くなると日本海も穏やかになるが 釣りに行くのは我慢して 明日からは何としても作業のピッチを 上げないといけないだろう。
写真は面白いソフトがあったので 吾妻山に牛がいた頃の写真(町制要覧)を加工したものです。

ケニーズクラブ

イメージ
(20191206)

毎日寒い。今朝はついに家の周りの高い山は白くなった。 天気が良いので日が当たったらすぐに消えてなくなった。 寒くて氷が張っているので小屋の作業は 昼前にならないと作業ができない。 来週になれば少しは暖かくなるので屋根部分は一気に 片付けないといけないだろう。 明日も寒い。来週作業が見一杯できるよう準備を
進めておくことにした。
クボタカラーのつなぎ服にケニーズのロゴシールを 貼ってもらった。 いつも比和でトライアル競技をしてくれる バイク屋さんのロゴだ。 位置的に中途半端だが 農作業や機械の整備にしか着ないので問題ない。
このつなぎは生地もしっかりしていて色も大好きだ。
バイク屋さんならその手のつなぎを着ると思ったが
バイク屋さんも僕とおなじで
買ったようだ。 ケニーズさんとの付き合いも20年以上になった。 あの頃の写真を見れば僕もまんざらでもない。


懐かしい写真

イメージ
(20191206)

何もしないので昨日の写真の表紙を載せる。 33年前の町の中心地の写真。 真ん中の建物は高等学校。学校は廃校になり、 20数年前川沿いに国道のバイパスが付いて 役場の庁舎が建ち、続いて博物館や コミュニティセンターが建って15年前に庄原市と合併した。 建物や道路のできた写真がPCの中にあるが 名前を付けていなかったので引っ張りさせない。 今度からは写真にも名前を付けて保存する 癖をつけておいた方がよさそうだ。
これは航空写真でなく僕の家からも見えるTV塔のある山の 道路から望遠で撮っていると思う。 いらん心配だがこの山が崩壊すれば 比和川がダムになって町は水没する。 当時の人口は2千5百人、現在は千3百人だと聞いている。 町の高齢化率(65以上)は52%(自分も入っている)、 市全体でも42%というから 病院に行っても若い人を見る確率は低い。




30年以上前

イメージ
(20191204)


雨は降るし腰が痛くて何もできないので PCを整理していたら 昔の町の要覧を見つけた。30年以上前の我が家が載っていた。 完成したばかりの大規模林道を撮った航空写真だった。 あれから何年後だっただろうか母屋と蔵の屋根は銀黒という 黒い瓦に葺きなおした。 当時の金額で200万円は払った記憶がある。 写真下側の土地が埋め立てられ特産市と駐車場になった こと以外は地形の変化はほぼ変わりはない。 写真を拡大して見ると人の姿が母屋の右端に居るように見える。 計算すれば僕は30歳前半だ。 若い頃もあったんだと古い写真を見るのも 楽しいもんだ。

1mmも進まない

イメージ
(20191203)

日曜日に軒先2列と一番高い所の横木を済ませてから 1mmも作業は進んでいない。 2日間は雨が降って寒いのでどうにもならなかった。 それではと作業小屋の片づけをしていて 重いものを持ち上げた瞬間腰が痛くなった。 先月から違和感があったので注意はしていたのだが やってしまった。 何とか立ち上がり歩くことはできたので家までは帰り着いた。 腰痛体操でひどい状態は脱したが 椅子から立ち上がるとき強烈な痛みがあり 体の中心がねじれているような感じがしている。 医者に行くべきか迷うところではあるが 様子を見てみよう。

ニンニク長者の妄想

イメージ
(20191202)

数日前、農機具の展示会で買ったニンニクメーカーが届いた。 今すぐ使うわけではないが本日限りの特価ということで手を出してしまった。 農機具はン百万というものばかりだったので2万円近い無駄使いは 気にならなかった。 僕の近くの田んぼで路地やハウス栽培をしている人が 今年からニンニクを植えた。 試供品を一袋もらって食べたら意外と美味しい。 注意書きに一日2個までと書いてあった。 効き目は感じなかったが 驚いたのは一袋千円はするという。 一粒50円以上にはなる計算だ。 そんな一件があって展示会に行ったのが運のつきで 買ってしまった。 そんなわけで僕もにわかニンニク栽培を思いつき 植えたわけだが植えるのが遅すぎた。 もし失敗しているなら農家さんから直接仕入れて 特産市で売って長者になろうと思う。 耕す土地はいくらでもある。 米の天敵であるイノシシはニンニクに興味を示さないのも 好都合だ。
雨が降ってなのもできないので妄想にふけっている。

原因不明

イメージ
(20191201)

風呂の薪がなくなったので作っている。 随分前に切倒していた枯木の根元部分は虫が喰ったのか 病気なのかは不明だが根元の方は空洞になっていた。 上の方はまともだが 栄養が上がらないので枯れたのだろう。 檜は杉に比べたらずいぶん重いがこの木は軽かった。 枯れた木なので乾いていたのだろう。

ソーラー温水器が使えるようになる春までは この二倍以上が必要だ。 よい日に都合をつけて山に入る。


二度目の冠雪

イメージ
(20191130)

朝は冷え込んで氷が張ったがよく晴れた。 吾妻山は左側で見えないが 福田頭の山頂は白くなっていた。 朝早くから日が差したのでストーブを焚いた家の中より 屋外の方が快適だった。
小屋の作業は一番不安定な軒の所のトタンを張る 横木を済ませた。 高くて難しい所なので時間がかかってしまった。 一日かかって2列しか完成しなかった。 残り10列は天候にもよるが2日くらいは 見ておいた方がよさそうだ。
腕を上げての作業で肩が限界になった。 痛み止めの貼り薬を買いに行かないと 安眠できそうにない。 横木を止めるクランプもなくなったので 休憩がてら明日は買い出しに行くことにした。