初田植

(20190502)


小さな田んぼだが遠くにあるので田植機は
キャリーカーで移動する。
車に乗せて移動する時は横幅がはみ出るので外側2条は
折りたたんで運ぶ。
トラクターは自走でいくこともあるが
帰りは道路を汚すので基本的には
キャリーカーの移動にしている。
小さな百姓でも農地が離れていればこんな車まで
用意をしなければならないのは常識になった。
農機具の足回りが壊れれば致命的(特にコンバイン)になるので
機械の延命にも大きく貢献している。
特殊な車なので時々需要があって
臨時収入になることもある。

日中に準備をして
余りにも天気が良いので日が落ちてから田植をした。
田植の日焼けは雪焼けと同じくらい肌にこたえる。
今更見栄えがどうのこうのということはないが
できるだけ炎天下の田植は避けるようにしたい。
日程が込むとそんなことはできないが
忙しい中でも気を付けたいところだ。
結局田植の時間より移動や準備の方が長かった。
今後、住宅街の小さな田んぼは小作料は払わないで
料金をもらって
小作をするようなことになるだろう。

明日も晴天、ヨットのオジサンに代掻きを手伝ってもらって
いよいよ5日から本格的な田植に突入する。


コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機