くず米選別

(20191016)


酒米の籾摺りは石抜き機を外し
2mm(酒米網)から落ちたくず米を1.85mm(コシヒカリ網)で
再選別する選別機(手前)を追加する。
選別された酒米は未熟米として普通のくず米より2倍近い値段になる。
後で選別するのには手間がかかるので
一度に選別するやり方を随分前からこの方式にした。
今年は酒米30㎏を40袋したところで未熟が3袋出る。
1.85mm以下のくず米を合わせると5袋になる。
籾摺りをしていてくず米の袋の交換はラインを止めるほど忙しい。
広島県の作況指数は98だという。
実感としては90が正しいと思うが
こんな年はくず米が多い。
食協という米を扱う会社の社員が言っていた。
今年は7月の日照不足と8月の酷暑、あげくウンカの被害と
トリプルパンチで米が不足しているという。
僕はウンカの被害は免れたがイノシシの被害が目立つ。
僕の最終作況指数はどんなことになるのか興味深い。

コメント

このブログの人気の投稿

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり