タイムリーな食材

(20200107)


調子が悪いのを何処で聞いたかは知らんが
吾妻山の麓にいる同級生が平飼いのたまごを
持ってきてくれた。
食欲はないが卵だけは簡単に栄養がとれるので
ありがたい。
彼とはもう半年ぐらい会っていない。
アジをあげればよかったが
昼間に寝ていたので顔を合わせることはなかった。
生卵は毎日ひっくり返していれば一ヶ月は持つと
航海の中でヨットの池川さんが言っていた。
冷蔵庫に入れず早速確かめてみようと思う。
人間弱ると一日夜昼となくいくらでも寝れるもんだと
感心した。
だいぶ体調は良くなったので明日は食料調達に
でも出かけてみよう。


コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

正月恒例行事

バーンアウト

完成間近