保護獣は厄介だ

 (20210322)

寒さがぶり返してきた。夕方には白いものが落ちてきた。

種籾の浸漬は暖かいより寒い方が

ヒーターによって低水温(12~13度)が維持できるのでやりやすい。

人間にとっては寒いと外の作業はやる気が起きないので

ほとんど作業は進まなかった。

ドローンを飛ばそうにも風が強いので

取説を読んだりして過ごした。

ドローンは長距離を飛行できるのでプロペラガードを付けた。

金網や電柱に当たっても助かってくれるだろう。

イノシシは餌には喰いついたが

箱罠には一切近づかない。

昨年に身内の悲劇を目撃していたイノシシに違いない。

くくり罠の手もあるが冬眠から目覚めた熊が

かかる可能性があるからそれはできない。

僕が持っている大量のくくり罠は熊対策で

規制が加わりできなくなった。

熊がいなくなれば罠の効率も上がるが広島県は保護獣だから

手が出せない。

熊は稲に対しては被害を出さないがイノシシ駆除には

大いに邪魔な存在になった。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵