陸の動物の活動は活発だ

 (20220122)

話し合いの上釣りに行こうということになって

大田市の五十猛まで行って来た。

真冬の土曜日の高気圧に覆われる日は釣りに行くのが

恒例行事となっている。

近いので毎日ウオッチに来るという人が居たが

今年に入ってアジもなにも釣れなくなったという。

どおりで波止はガラガラだった。

何時も見る波止の先端を陣取る広島ナンバーの爺さんはフグしか釣れん、

イカをやるつもりとい言っていた。

まだシーズは早いですよとウオッチのオジサンがアドバイスしていた。

カサゴはよく釣れるが小さすぎる。

出汁にもならんからお帰り願う。

嫁さんが粘って釣った唯一のアジはミミのごちそうになった。

帰り道、国道9・375・54・432号を走るが過去に経験がないほど空いている。

人の動きが止まっている証拠だろう。

だけど比和に近づく県道では鹿2頭、子イノシシ4頭に出会った。

嫁さんの車にはレコーダーがないから映像はない。残念。

動物の活動が益々活発になっている証拠だろう。

土曜日発表の感染者は三次36、庄原7、神石0。

庄原の内訳は10・30・40・50・60・70・80・90代各一人づつ。

この構成には何か意味があるのかもしれん。今後もウオッチしていこう。

地震の事も書いておこう。

地震の時TVを見ていたが大地震ですというほど揺れはたいして感じなかった。

それよりスマホや防災無線がけたたましかった。

警報システムが機能していることだけは確認できた。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

コンバインの刈り取り能力

くず米選別