説明が長くなるがリタイヤまで活躍するだろう

(20220613) 

ヤフオクで落札したフラップカバーが群馬から届いた。

ロータリーのフラップ(可動部)の後ろに付けるものだ。

錆びが進んではいるがすり減って穴は空いてはいなかった。

このロータリーは格安でヤフオクで飛びついた経緯がある。

カバーは本体二万二千円、送料は4千5百円だった。

今年爪を新品にして荒代掻きをしたのだが

途中でトラクターのエンジンが止まりそうになった。

後ろを見るとロータリーフラップが可動しないで土を抱え込んで

土を大量に引っ張っていた。

おかしいと思い手で可動させるとちゃんと動く。

ロータリーに貼り付けてある説明書を見ると

耕耘方法によりフラップカバーの角度を調整するよう書いてある。

早速営業所に注文したら古すぎて在庫はないとのことだった。

今のトラクターはロータリーの深さの状態をフラップの角度を電気信号で感じ取り

フラップが上がればロータリーが深くなって負荷がかかっている判断して

ロータリーを自動で上げるようになっている。

フラップが上がらなければロータリーは深くなっていても通常状態と誤認して

そのまま進むからロータリーが潜り込んで

エンジンが止まりそうになる。

フラップカバーがあるとカバーの引きずりの抵抗でフラップが上がり

ロータリーが楽に回転するところまで自動で上げてくれる仕組みだ。

水の入らない荒起しではフラップに土の抵抗がかかるから

カバー無しでもあんまり影響がなかった。

これがついたことでまともな荒代掻きができることになった。

ロータリーとカバーを合わせ12万くらいのことになった。

ロータリーはボロではあるがもう一台ある。

トラクターがヘトヘトになるまで付き合ってくれるだろう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

カケゼリ