今年も行くことができた

(20220824) 

お大師さん供養は中止になったけど

毎年のお勤めとして掃除とお花を飾ってきた。

59番札所(今治国分寺)が僕の担当だ。

今年7月本物の国分寺の近くを通ったけど団体行動なので

お参りは実現しなかった。

お大師さんはジグザグの山道にこんな感じで置いてある。

先に見える人影は63番札所のヨットのオジサンだ。

以外にこんなことは真面目にやる性格だ。


お大師さんの由緒書。リンクを張ったら同じ写真が出てきた。

毎年お参りを実現しようと書いている。

今シーズンが終われば本当にお参りをしようと心に決めた。

電柵の効果のあったと思われる場所があった。

夜中に行くと柵線が地面近くに落ちてバチバチと放電していた。

線は碍子に一周回して次の杭に張っていくが

下の線はそれがほどけて碍子の上に乗っている感じで

線は弛んでいる。

明らかに下線をくぐろうとして持ち上げて感電した状態に見える。

上の碍子は手前に向いている。

線は緩んでいないのでどういう状態だったかは分析不能だ。

それにしても田んぼ側に歩いた跡がないので

防衛に成功したのであろう。

イノシシ柵は2か所修理した。

ここまでには至っていないが

入れそうな所を確認している跡は幾つもある。

穴を開けたら即修理を徹底することにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

コンバインの刈り取り能力