食料難の準備は着々と

 (20220527)


クルミの木もキイチゴも霜にも負けず元気に育っている。

2年目だからもう大丈夫だろう。

クルミの木にはコシヒカリの余った苗を布団代わりに敷いておいた。

キイチゴはしっかり実を付けているから今年は口に入るだろう。

キイチゴの根元(右側)から変なものが生えてきた。

後から生えたけど太くて本体を圧倒している。

イチゴの木のようにトゲみたいなものがある。

Google レンズで調べたらラズベリーと出た。

実がつくようであれば食ってみよう。

果樹ばかりではいけないので短稈自然薯というのを5個通販で買った。

一本は腐ったのだろう芽が出てこなかった。

4本は芽が出て蔓が伸びてきた。

自然薯と書いてあったのでそれ相当の味がするものと

楽しみにしている。

野菜類は嫁さんが管理しているから順調みたい。

ただ、タマネギは毎年失敗する。

我が家の土地にはタマネギに向かんようだ。

田植は残り2haになった。

代掻きの済んでいないところもあるから

完了までは実質4日かかる。

30日は会議があるから5月末に済ませるには微妙な感じだ。

5月にこだわることもなかろう。

残りの田植は楽しむことにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

カケゼリ