混ぜ飯

(20190804)


田んぼの品種が違い出穂の差がハッキリ出た
田んぼを写した。
品種を間違えたのでなく「あきさかり」という
品種が足りなかったので僕のコシヒカリを
補足して田植えをさせてもらった。
僕の記憶では5枚ぐらいを足したので列を見ると
記憶が正しかったということになった。
「あきさかり」は広島県の奨励品種だ。
ひらがなで書くということは開発したところが
コシヒカリとは違うということで
広島県が造ったということだろう。
調べたことはあったが記憶がハッキリしない。
田植の時、あきさかりはコシヒカリの系統もあるので
品質低下にはならないだろう。
出荷もしないので田んぼを空けるよりは
いいだろうということにした。
あきさかりは値段は安くても収量がよい。
短稈で作りやすいという利点を持っている。
味もいいということなので市場の評価は高いようだ。
耕作面積の半分をコシから切り替えようと考えてみたが
手間がかかるだけで収益向上はあまり見込めない
ということになり作付けを止めた経緯がある。
見てのとおり同じ田植日でも出穂時期が一週間は遅れる。
収穫作業の分散に役立つので
今後も検討課題に挙げることにした。



コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別