ついに現実の事となった

 (20220705)

婆さんの月に一回の診察が済んで薬をもらいに走っていたら

嫌なものを見た。

集落の南側の外れだけど

僕が管理している田んぼから直線距離で650mしか

離れていない所に鹿が居た。

まだ子供のようだけど人間というか車を見ても逃げようとしない。

写真が撮れるぐらいだからライフル銃で狙われたら確実に当たりそうな距離だ。

鹿の被害は見たことがないのでどうなるかは知らんが

大変なことになりそうな予感がする。

他に群れがいるいるかもしれんが

通りすがりの一頭であることを祈ろう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

限界集落