運搬車操業

運搬車操業
(20180510)


コンテナを乗せてハウスの中へ入れた。
苗がのっていないので地盤が持つかはわからない。
埋まるようであればキャタピラーの運搬車に変えようと思う。
昨日の田植えの試運転は時間はかかったが
何とか植えることができた。
肥料や薬剤の投入量も把握できたので
田植えのできる状態になった田んぼから順次作業を進める。
水の状態を見ながら植え代を掻くので田植をしては
代掻きの自転車操業の始まりだ。
昨日は田植機の上は寒くて大変だったが
代掻きのトラクターの中は快適だった。
途中眠くて田んぼの真ん中で寝てしまった。
病気でトラクターの中で倒れているのではないかと
心配した人がいるかもしれない。
止まっているということは意識があるということ。
トラクターは操縦不能になれば
野を越え山を越えひっくり返るまで進むので
止まっているときは心配いりませんと
常々笑い話をしている。
今日の朝は寒いが久しぶりに日が差している。
暖かくなるのはいいが日焼けの心配をすることになる。
すでに黒くなっているが一年中で
一番黒くなるのがこの時期になる。
トラクターに紫外線防止のフィルムを貼ろうと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

仁多方面

バーンアウト