限界集落

限界集落
(20180803)


この田んぼの畔はぐちゃぐちゃに荒されているが
穂が出る前は稲は無事だった。
穂が出てイノシシの本格的侵入は
8月1日早朝からの鮎網の解禁と重なったのは何かの因縁か。
一回目の侵入は右のモヤモヤだが
近くに行くと穂を食いちぎっているのがよく見える。
2回目の侵入を許すと一帯は収穫不能になる。
正面奥の家には年寄りが一人住んでいるが両方は空き家だ。
先日置いているトラックの後ろ側の方で鉢合わせたが
追っ払ったら家の前のジャングルに消えていった。
家の向こうには僕の田んぼが続く。
ジャングルになった庭に獣道の跡がはっきり残っている。
昨日はここと空き家の裏側周辺の草刈を済ませて
目の前の電柵だけは張り終えた。
今朝の暗いうちのパトロールではここの被害は
広がっていないように見える。
昨夜は電柵の威力に守られたようだ
この一帯は四方から攻められるので攻撃パターンは複雑で
守りにくいところだ。
左の隅に他所の田んぼが見えるが穂が出ていないので
素通りで僕のところにやってくる。
今朝はできるだけ電柵の準備はしておくが
二日間用事があって作業できない。
イノシシさんに今晩のところは
他所に出張してくれないかと希望している。

コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別