電柵の無いところはない

(20180916)


昨日は道路脇の草を刈ったところで電柵を張る作業は止めて
稲刈りをするところの田んぼの畔草を刈りに行った。
いつ稲を刈ってもいい状態になっているので
田んぼの水が引いたら刈りに行く。
左側の田んぼは軽トラの先までが僕の田んぼで電柵は張ってある。
青く見えるのは露地栽培の広島菜が植えてあって
他所の農家の田んぼになる。
葉物をイノシシは食べないが歩いただけで大変な被害が出る。
左側は昨日の段階で残りの田んぼの電柵は全部張ってあった。
一昨日の柵の修理箇所は真ん中左の田んぼの角あたりだ。
左側の田んぼは護岸のところは柵で、道路は電柵で守られた。
柵を破って入っても電柵があるので
右の田んぼへの侵入はなくなるだろう。
右側の田んぼは全く被害がないように見えるが
歩いてじっくり見ると結構悪さをしている。
時々左側の山からも出てくるが
今まではもっぱら左側から入って帰るのが右側だった。
道路も歩いてくるが
ここの電柵を張り終えたら被害の拡大が
おさまってくれればありがたい。
立っているところに道路があって右側に家が二軒ある。
さすがに道路は歩くが家の前の田んぼには入っていない。
この地域で侵入されていないのはこの家の周りだけになった。
家の同級生は広島市に出ているがお宮の役員をしてくれていて
昨日役員会があって帰ってきた。
今日は町内の同級生と飲もうということになった。
賑やかになってイノシシの侵入抑止になればと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

仁多方面

バーンアウト