恨めしい秋雨前線

(20180917)


なんとも恨めしい天気だ。
昼までの降水確率40%、今朝も降っていて籾が乾かないので
ほぼ稲刈りはできない。
稲刈りモードになっていたので何もやる気が起きない。
今日のところは柵の見回りをしてから
電柵を張り作業小屋の片づけでもしようかと思う。
僕の家の前のコシヒカリも日を追うごとに倒れている。
この波打った状態で収穫できれば収量はよくて上手に作ったとなる。
コシヒカリが立っているようであれば収量は少ないので
作業は楽だが収益の面で泣くことになる。
写真真ん中の川向こうにコシヒカリの田んぼがあるが
あそこは秋落ちがしていて直立不動だ。
こちらと2で割れば平年並みという所だろう。
他のコシヒカリは倒れかけているので
平年並みと思うが
こればかりは玄米にしてみないと結果はわからない。
南部のコシヒカリは高温障害になっていると聞く。
僕らのところは水が冷たいのでその心配はないと思うが
あんがい気温が高い年は籾殻が厚くて
収量が少ないことが多い。
これも収穫が済まないと結果は出ない。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり