燃料コック

(20181207)




燃料が漏れるので燃料コックを外そうとキャブレターに
ガソリンを分配する
パイプを引っ張ったら右下の真鍮パイプ一本が歯が抜けたように
根元から抜けた。
単気筒なら代用品を直結でもいいが2気筒なので
これは大事になったと
福山のバイク屋さんに昨日持ち込んだ。
これは差し込んであるだけで治りますということだった。
叩き込んで漏れなくなるとは信じがたいが
組み込んでみることにした。
後はバッテリーを繋いでエンジンがかかれば
ナンバーはもらっているので公道を走ることはできる。
寒波が来たので乗り回すのは来シーズンからだ。
タイヤのスポークの錆がひどい。
折れたら交換部品はないと思うので
錆止め塗料でも塗って来シーズンに備えることにした。

コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機