野焼き処理

(20190805)


両側から刈って中に寄せ、乾いた枯れ草はよく燃える。
他の畔は夕方火をつけたら燃えるのが途中で
止まってしまった。
この経験をもとに日中風のない照りつける時間を選んで
火をつけたら100m余りの畔がうまく燃えて向こうまで
焼けてくれた。
風が吹いて立ち上がる炎が左右にずれれば
稲が火傷をする。
時間がかかるので最後まで見届けることはしなかったが
3畔ほど試してみた。
風は出なかったので上手くいっているはずである。
この方法がうまく行ったのなら畔の条件次第で
次々試してみようと思うが
火傷をしているかいないかは穂が出るまで
外観ではわからない。
斜面の長いところで失敗したことがある。
下から火をつけ炎が駆け上がり3列ぐらいが被害にあったことがある。
良く燃えるので下から付けたのだが
上から付ければ徐々に燃えて被害は少なかったと思われる。
本来なら刈草は資源でよい堆肥になることは知っているが
とてもそんなことにはならない。
ほっとく手もあるが畔が肥えてミミズが発生して
モグラの巣になれば水漏れなど困った問題も発生する。
もう一ケ月草刈とイノシシとの戦いは続く。

コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別