バッタの観察

(20191007)


夕方作り物のような綺麗でグリーンのバッタが台所にいた。
バッタはオールグリーンだと思っていたが
羽根の付け根の肩のところがかさぶたのように茶色い。
せっかく綺麗なのに残念だと思った。
図鑑を見ればたくさんの種類がいるようだ。
全体が茶色とか羽根だけが茶色のものが写真に載っていた。
まだ若く色が変わる前なのかと思ったりする。
見れば後ろ足がない。かわいそうにも見えてきた。
別に捕まえてきたわけではないが
どうしたんだろうと気になった。
明日は米の出荷日で雨予報だ。出荷しないと置き場所がないので
稲刈りアルバイトの籾摺りができない。
今日も0.3haのアルバイトをしてきた。
出荷日はずいぶん前に予約していたので変更はできない。
どうしようかと悩んでいたらバッタが目に入った。
コシヒカリを済ませて酒米の稲刈りの準備をしなければならないが
ジタバッタしても始まらない。
バッタが何を考えているかとジーと見ている自分は
変になっている。
どうせ台風がくれば何もできない。
出荷できなければ全部先延ばしにして休むことにした。

スマホのズームは写りが悪い。
高画質とは聞いていたがレンズが汚れているのか腕が悪いのか。
たまには花などを奇麗に撮ってみたい願望がある。
多額の投資がいるので諦めるしかない。





コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機