コシヒカリの時代は終わったかも

(20200220)

食協という米を扱う業者と勉強会をした。
食協はテレビCMも流している米屋さんが出資した会社だ。
スーパーでもよく見かける。
担当セールスがよくしてくれるので勉強会に呼んだ。
2019年広島県の作況は95でやや不良。南に行くほど
ウンカの被害などで悪くなったそうだ。
逆に東北・北海道は104で全国均して99だった。
ウンカ被害を除いて天候の要因が大きいが
北の方がよいので印象として温暖化のせいかと
思ってしまう。
僕のところは標高約390m、もはやコシヒカリの栽培適地で
なくなったような感じで不安がつのる。
食協さんも行政の研修会と同じで
コシヒカリはダブついている。
弁当とか業務用(中食というらしい)になる味の良い
多収穫の米を作ってほしいということだった。
今年は間に合わないので
2021年から僕は取り組むつもりでいる。
消費量の減少で米余りの中で多収穫の米を作って
自分の首を絞めることになりそうだが
市場のいうことには逆らえまい。
耕作者がどんどん減っていくことがわかっているから
米余りもペイできるのかなと思ったりする。


コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

くず米選別

週末は巣ごもり