素人目立て

(20200317)


アルバイトが終わった。明日から専業に戻るわけだが
気になっていたチェンソーの刃の目立てを直そうと眺めている。
切るとき右に曲がっていくので素人目で見て向かって右側の刃が
喰い込んでいるのだと思う。
バーの変形はないように見える。
2台同じ現象なので刃の付け方に悪い癖がついているということだろう。
向かって左側の刃を削り
小さい木では曲がるのが治っていることがわからないので
山にある大木で試してみよう。

春の農作業で重機が必要になる。
重機の必要な斜面の木はワイヤーで道路まで出しておいて
重機は家の前まで持って帰る。
薪づくりは今年の冬までお預けだ。それまでには刃の目立てが
上手になっておくことにしよう。
大きな木を二本倒したのでシイタケもナメコも植えた。
ナメコは成功すれば有り余るほど生えてくるだろう。
今後が楽しみだ。
残った木で薪を作るのだがこれまた2年間はしのげるほど薪が造れる。
金にはならんが大量の資源を背中に持っているようで
嬉しくなった。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり