こんなことまで影響が・・・・

(20200403)


昔なら水路関係者総出で水路の土砂を
取り除くところだが今は僕が大半の面積を
耕作するのでこの重機一台でやっている。
僕がやれば下手のなので一日仕事になる。
ヨットのオジサンが駆けつけてくれたので
余裕で作業が進んでいく。飲ませた甲斐があった。
実は重機がいるあたりまでコンクリート構造物がある。
僕がやれば構造物を破壊してしまうところだが
その辺も上手くやってくれている。
集中してやるのかと眺めていたらすぐに職場放棄、
近くのGSに行き漫画を読んで油を売っていた。
明日は済ませてくれるだろう。

大都会から訃報が届いた。
コロナであれば身内と対面なしに荼毘に付される。
通常の場合であっても三密は厳禁なので葬式はしないと連絡があった。
地方の大手車工場に勤める息子は親の葬儀でも大都会への
出向は自粛せよとのお達しだったらしい。
近くにいる娘夫婦が一切を済ませるそうだ
体調が悪く入院したというのは聞いていた。
あまりの突然の訃報だったのでお別れをしたいが
それもかなわないことになった。
ロックダウンはいよいよ現実のこととなってしまった。
コロナウイルスは医療崩壊もさせるが
僕たちの、いや日本の習慣も破壊している。
コロナが落ち着いてから出かけることにした。


コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

くず米選別

週末は巣ごもり