もっと広い作業場がほしい

(20200924)


もっと広い場所で籾摺りをしたいが場所がない。

一人作業なので機械配置をジグザグにして米を流していく。

今年の配置はこれがベストと機械を固定した。

乾燥機→籾摺り機→石抜き機→選別1回目→色選機→選別2回目→

袋詰め→リフトの順で玄米ができていく。

僕の仕事は袋をかけて満杯になれば封をしてリフトに倒し

腰の位置まで上がってきた米をパレットに積み上げる。


雨模様なので溜まった籾を玄米にしないといけないが

柵の修理や狩猟登録などでバタバタしていたら

時間がどんどん無くなってきた。1時間18俵(36袋/30㎏)のペースだが

今日の作業は20俵足らずしか進まなかった。

明日はフル回転で作業を進めて乾燥機を空にしないと

次の稲刈りができない。

第一波の頑張り時がきたようだ。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

ブロードキャスター修理