初荷

 (20200929)


朝から出荷の準備。
トラックには籾運搬のコンテナが乗っているからキャリーカーで運ぶ。
車載専用とタイヤの後ろの方に書いてあるが
トラックなので何を運んでも問題はないだろう。
均等に積んでいるように見えるが
車幅が広く車の中心に積み込めていない。
3トン車だから少々の偏りがあっても
検査場までの2往復は無事届けた。
酒米の検査場は近くだからフォークリフトに積んで
自走で持って行く。
酒米の検査の時だけは「ええ立地条件じゃのー」と
みんなに羨ましがられる。

検査は即フレスタ米一等になった。
選別もいいし色選機を使っているので当たり前のことではあるが
一安心した。


この倒れようがコシヒカリとしては理想に近い。
倒れてはいるが株元が浮いている。
今のコンバインなら楽々に刈ってしまう。
少々刈るのに時間がかかっても稲が長くなって倒れるのは
穂も長いから収量も上がるという理屈だ。
こんなところが多くあれば今年は\(^_^)/となるが
少ないのが残念。
ヨシ来年こそはという気になるから
生きがい対策として農業は最高なのかもしれん。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

ブロードキャスター修理