刈るには刈ったが

 (20210915)

予想に反して雨は降らなかったので

稲刈りを始めた。

固い田んぼでイノシシの入った田んぼからスタート。

イノシシが踏んだ稲は刈れないので刈り取り部を上げて行くのだが

それでも早々とトラブル発生。

慣れてくると異音に素早く対応できるのだが

カチカチと妙な音がしているぐらいの感覚で刈り取りをしていたら詰まらせてしまった。

稲の藁というのは強いもので硬く結束すると最初の藁一本を取り除くのに

非常に苦労する。

隙間が空くと鎌で切ったりしてごそっと取れるようになる。

説明はコンバインのトラブルをした人ならわかってもらえる。

乾燥機に余裕があるからがイノシシの入らない田んぼも刈った。

ここは集落の外れにあり電柵だけで守られている。

なぜ入らないか考えてみたがすり鉢状で前と横に道路があり見えやすい上

左側に石積みと壁があり逃げ場がないことがあるのではないかと思う。

イノシシは地形を読んでいるから意外と賢い。

トラブルはコンバインだけではなかった。

籾を運搬するコンテナのモーター過負荷の表示が出て籾が出せなくなった。

ベルトを外しても動くのにおかしい。

代替品をヤフオクでゲットしていたので無事復旧し事無きを得た。

ヤフオク万歳。

トラブルは解決して今日のところは何とか乾燥機の運転まではできた。

心配の種がもう一つ。見た目よさそうな田んぼで刈るには刈ったが大不作の予感。

ウンカはいないが8月後半の天候不順が響いたか。

今日だけの事であった欲しい。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵