寝床を作って稲が熟れるのを待っていた?

 (20220822)

昨日の写真の田んぼに草刈に入った。

写真真ん中の木の下に長い茅の所があって

周りからは見えないよう寝床が作ってあった。

見るとずいぶん古いから稲の成長を待って

ここで暮らしたように見える。

上手に周りの長い茅を食いちぎって集めフカフカにしている。

いざこれからという時

僕がパトロールに来て柵をやぶっているのに気が付いた。

柵を破っていなかったら右上の軽トラの所からは

この巣は全然見えない。

昨日の写真の所からも見えない。

イノシシなりに人間がどこからくるか考えての

巣作りに感心してしまった。

ここに居た親子を片付けたので

草刈が済んでも電柵をいつでもできるよう準備して

しばらく様子を見ようと思う。

ここの田んぼは2枚合わせると30aある。

被害が10%未満だと思うから残りを収穫できれば

想定内の事だろう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

コンバインの刈り取り能力