曲者が現れた

 (20220823)

イノシシ柵の修理と電柵の点検に追われている。

柵線に異常はないようなのに中に入られている。

くぐたり引っかけたりすると線に異常が出るけど

何ともないから不思議だ。

イノシシ柵は出る場所を探したか突破しようとした跡が

たくさんある。

挙句柵の上まで足跡があるから愕然とする。

水のあるあ田んぼを歩いているのでイノシシの足跡に間違いない。

柵を修理する時、あまりがんじがらめにすると

不安定ではあるが人でも足をかけて乗り越えられる。

脚立がない時試したので経験済みではあるが

イノシシは駆け上がるしかないから厄介な曲者が現れたことになる。

刈り取りを始めるまで後三週間ある。

侵入されても一晩おかずに修復すると被害は小さい。

毎日点検と修理を確実にやればなんとかしのげるだろう。


コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

コンバインの刈り取り能力