送り盆の草刈は自粛した

 (20220815)

バイクでパトロールしていると風もないのに田んぼの稲が

ユラユラしている。

中に居ると直感し

鉄砲隊に連絡したけど道路の横は発砲禁止で

散弾も直ぐに準備できないという。

ぐるり電柵やら5mm柵で囲ってある。

獲物を前に何とも情けないが中で暮らしてもらっては困るので

花火の出番。

ロケット花火をぶっ放したら電柵を破り

ぶっ飛んで出て行った。

イノシシは小さかったが走れば物凄く速い。

3人くらい待ち構えて散弾をぶっ放せば当たる可能性は

あったかもしれんがとても駆除できそうになかった。

静かな盆に草刈機をブンブン回すのははばかれるので

4か所ほど柵を修理して回った。

箱罠は蹴り糸を避けてほじくるように餌を食いやがる。

踏み板式に改良すればどうだろう。

イノシシは足元の違和感は物凄く敏感だけど

やってみる価値はあるだろう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

コンバインの刈り取り能力