田んぼが乾いた

(20180328)



水が溜まっていた田んぼが乾いてきた。
溜まっているときは高低がわかるので土を持っていきやすい。
移した土はなるめる(変換ができないので方言だろう
「均平をとる、均す」の意)
ことはしないでそのまま作業を進める。
代を掻いたり田植をしているうちに次第に真砂土の山が崩れて
自然に田んぼが平らになっていく。
来年からはルンルンで作業がはかどるのは間違いない。
今日の仕事は改良資材をトラックで運んできてはトラクターに乗せて
散布してする。
作業できる田んぼは4㌶はあるだろう。
2日ぐらいは散布することになるだろう。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり