天婦羅

(20180305)


HPを見ていたかのようにフキノトウの天婦羅が届いた。
忙しくコンバインを掃除していたので大助かりだった。
挿絵を描いてもらった細田さんは山菜料理が得意なので
時々相伴にあずかる。
今度は僕の番なので何かいいものを考えることにしよう。
昨日の作業はかがみこんだりしたのできつい作業になった。
本格作業は3か月ぶりなので
全身ストレッチをしたような感じで
体が超重だるい感じがしている。
朝は雨が降っていて何もしないが昼からは止む予報なので
少しでも体を動かすことにしている。
もらってきた日本農業新聞に
薬膳の記事があった(2/14日付)。
春の苦みは体に良いことが書いてある。
ふと思い立ったが自然栽培の総会はこの時期なので
フキノトウを神辺に持っていき料理教室を
開くのはどうだろう。
自然食品なのでいいアイデアだと思う。
ちなみに総会の後は味噌作りだった。
これはいい考えだと自賛している。
会長さんにプレゼンしないといけないだろう。


(日本農業新聞2月14日くらし欄)

たしか転載禁止だと思うのでこの画像は
消さないといけないだろう。
保存したい人は右クリックで印刷をしてください。


コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり