菌興115号

(20180319)


「菌興115」なにやら難しい名前だが椎茸菌の名前。
別名はたしか「広島ジャンボ」。
大きくて厚みがありソフトボールぐらいになる。
普通の椎茸でも取り遅れると大きくなるが
広島ジャンボは厚みもあるのでステーキで食べるといいらしい。
駒打ちをしていたら原木が足らなくなった。
どこのホームセンターに行ってもろくな原木が残っていなかった。
方々探してやっといい原木にたどり着いて値段を見てビックリ。
一本千円近くだった。田舎で山は二束三文だと思っていたが
アイデア次第では宝の山になる。
冬の農閑期は椎茸原木を出荷してはどうか。
ホームセンターで菌を打ち込んだ原木は1500円で売っていた。
僕らは原料をほぼ只(無料)で調達できる。
僕は十分競争できると踏んだ。
雪の問題もあるがこれはいい考えだとPCを前に妄想にふけっている。

コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別