新しい跡

(20180821)


連続で頭を抱えることになった。
写している背後は比和川の高い護岸があって
侵入することはできない。
護岸の低いところは柵がしてあって
侵入の跡はないのは確認した。
左に向かっては電柵がしてあり、右からの来た形跡はない。
向いの道路に足跡があるので道路を歩いてきたことになる。
田んぼが続いているのにイノシシはこの場所を昨年も選んだ。
道路からここまで130mある。人家のある道路方向から
見たのではこの被害は見えない。
上から下まで道路に電柵をすればいいのだが
それは不可能。
ここだけは全くお手上げになった。

コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別