林業男子

(20180903)


気になっていた造林地の枯れ木を伐採に行った。
深緑のヒノキ造林の中に一本枯れていて
気になっていた。
雷が落ちたわけでもなく突然枯れて行った。
切ってみると根元が割れて空洞になっていた。
元々障害があったようだがここまで大きくなったのが
不思議でたまらない。
田んぼまではだいぶ距離があると思い切ったが
植えて40年経っている。
結構大きくなっていて勢い余ってイノシシ柵を壊して
田んぼまで到達してしまった。
不思議に枝葉は刈れていたが本体は虫も入っていなくて
しっかりししていた。
早めに小さく割って置けば今年の冬の風呂の
薪には十分使える。
太いところは堰板を一枚作っておくことにした。
稲刈り準備をしなくてはいけないが
請負に出したところ以外の草刈が大量に残っている。
雨が降った事で草が元気になった。
今日は一日草刈りをすることになるだろう。


コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり