吾妻山植物誌

(20181117)




出していいか悪いか知らないが
今朝の読売新聞(11/17)に吾妻山の冊子が載っていた。
地元のことが紹介されているので許可なしで載せてみる。
何気なく見ている景色にはいろいろな自然が
詰まっているんだと感心した。
電柵の回収をしているが予想以上に柵線をイノシシが切断している。
小さなイノシシだと線が伸びる程度だが
大きなイノシシはパワーがあるのでいたるところで線を切っている。
電柵の周りのイノシシ柵を壊しているところはないので
僕の知らない遠くから歩いてきているに違いない。
このままだと田んぼの畔が掘り返されるので
支柱の回収が済んだら箱罠を仕掛けておかないと
いけないだろう。
そろそろ山の食べ物も少なくなってくる。
他所の箱罠は結果を出しているようなので
僕も挑戦してみようと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり