食味値

(20181118)


先日の食味値の結果を載せている。
タンパクが6%を切っているのが数値を押し上げている。
水分が16%というのも効いていると感じている。
今回4か所検査に出したが最低は84点で残りはすべて
90点を超えている。
田んぼごとではないSampleではあるが僕のコシヒカリの食味値は
全体的にいいようである。
近く展示会で測定された全部の結果が出るそうなので
楽しみに待っている。
近頃コンバインに測定器のついたのが出ている。
稲を刈りながら田んぼごとの大まかな食味値が出るので
春からの肥培管理のデータと合わせれば
良質米つくりは格段の進化を遂げたことになる。
気になるのは水分が高いので春には早めに冷蔵庫のスイッチを入れないと
いけないだろう。
安全を期して除湿剤も入れとくことにした。

コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機