唯一の獲物

(20181223)


満潮11:30をまたぐ格好になるので釣り条件は
良いはずだが大型の魚は姿を見せなかった。
真っ黒になるほどのエサ取りの大群の中で
唯一キープサイズのメバルが釣れた。
満月大潮の日の釣りは釣れないのだろか。
終始潮の流れが悪かったのも原因かも知れない。
アジの姿も見えたので土産に釣ればいいがサビキは
持っていなかった。
波が低いので亀の手や生のりを採ってもよかったが
これも道具がないので諦めた。
波が低いので離れ磯の左近に渡ろうとしたが
以前は簡単だった飛び移りができなくなっている。
荷物がなく両手が空いていれば何とかなっただろうが
餌や道具を背負って竿とタモを持っていては
どうにもならなかった。
この一匹のために氷がいるので出雲のイオンモールに寄って
鮮魚コーナーを覗いたらマトウダイが千円、
ワカナ(ブリの子)50cmが380円だった。
アジの調理をしたものも売っていた。
釣果のこともあって
距離は長くないが磯歩きにくたびれた。
釣りのスタイルをかえるときがきたようだ。


左が左近。波が1m以下になると歩いて渡ることができる。
西風が吹いて波が高くなると帰れなくなる。
高齢化が進んだのだろうか波が静かな時でも
釣り人の姿はない。

コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機