飲み会は続く

(20190216)

今朝は昨日から一転して寒々しい朝だ。
集落の会計処理も順調なのでゆっくり起き出してくつろいでいる。
毎年この時期は雪に埋もれて何の作業もできない。
昔で言えば出稼ぎの時期だ。
なので飲み会のお誘いが多くある。
木曜日にはアルバイト先の歓迎会がありしっかり飲んだ。
カラオケというものに歌いはしないが雰囲気を味わって
楽しんだ。
一つ不満をいえば飲み会なのに3分の2が飲まないのである。
これでは本音も聞けないので飲み会の意味をなしていないと思う。
飲まないので地雷を踏むこともなく安全ではあるが
僕の世代ではあっさり飲み会はしない方がよいと
考える。
僕は事務仕事もあって忙しい気分だが誰も暇なのだろう
飲み会のお誘いがある。
今日は昼間から飲もうということになった。
何で昼かというと送迎者の都合によるものだ。
来週の金曜日は福山の駅前で飲もうと自然栽培の
会長さんからお誘いを受けた。
物好きなので2度返事で行くことに決めた。
岡山の木村式自然栽培の理事長さんとも会えるらしい。
自然栽培とは程遠い農業をしている僕だが
名刺ぐらいは作って会いに行くことにした。


人は写っていないがこれが今回の肴である。
特技のある人はここまでできるのだから羨ましいと思う。
食べてみるとアジとサヨリの刺身は絶品だった。
貝や干物もあり下手な居酒屋より
立派な料理だと思う。
酔いがすすむと頑張って創ったと本音が出た。
五合ほど持っていた獺祭は三人で飲んだらすぐになくなった。
獺祭は冷でないと味はわからないということらしいが
後半の味はどうなったか記憶にない。

二次会に出かける予定だったが
時間が経つと冷酒が効いたので夕方には寝てしまった。

           

コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

正月恒例行事