立春搾り

(20190205)

20190205読売新聞広島地域版

前垣という名字は僕の血縁関係以外に
東広島市西条に一軒あるのを知っている。
賀茂泉という造り酒屋である。
僕はあることは知っていたが実際に話すことはなかった。
世の中狭いもので東京の大学で一緒だったという
松長さんという人が比和にいて
比和の吾妻山に来られたので話す機会をいただいた。
結構お酒も強かった。
明治から酒造りは始めたようで
いくら遡っても僕との関係はないようだった。
その時「造賀」という山田錦で造った酒を頂いて
美味しく飲んだのを思い出す。
造賀は地名で西条八本松から北に上った所で山田錦を
作っていることから名付けられた。
造り酒屋団体の役員をされているようでTVでも
ちょくちょく見かける。
いずれ酒屋を訪問してみたいと思っている。

今日の天気も昼前になって異常なくらい暖かい。
外に出て作業をすればよいが事務仕事が溜まっている。
日曜日には集落の集会もしなくてはいけなくなった。
こんな時はやっぱり雪に埋もれていた方が
事務の仕事は捗ると思った。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

ブロードキャスター修理