今年も不漁

(20190730)



投げ網の解禁が間近に迫ったが
早々と漁をしている者がいた。
映り込んではいないが堰の下でせっせと鵜が潜っていた。
僕が立っている橋から放流した鮎は上下流に散っていくが
下流と堰の水深のあるところはほぼ食べつくしていると思う。
望みは瀬の中にどのくらい残っているかだろう。
鮎漁をしなくなったので関係ないことではあるが
気になる所ではある。
在来の魚の姿を見ない。川は綺麗に見えるが
僕には死んだ川に見える

夕方若者が下流の僕の田んぼに集まっていた。
ウナギ釣りをするということだったので
結果を聞いてみることにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

ブロードキャスター修理