初の試み

(20190812)


コシヒカリを守る電柵が夕方完成した。
このままであれば被害は全体の1%以内に抑えられ
直近でみれば防衛に成功した年になるのではと思っている。
今年から地盤のよいところは120cmの松杭を使った。
見るからに電柵の壁があるようで頼もしい。
ここはコシヒカリと酒米の境目の道路で
右側が下流に向けてコシヒカリ、
左が上流に向かって酒米になっている。
上に見えるのが川向こうの国道432号になる。
深く打ち込むのに難儀をしたが安定しているので数年間は
線を張るだけですむ。
右腕が犠牲になったが来年から作業の軽減が図れるだろう。


イノシシの箱罠には全く反応が無くなった。
トラップをかける前には来ていたのに
不思議でたまらない。
左手前に置いている餌にも全く口を付けていない。
電柵が着々と完成するので他所に行ったと思えば
獲れなくても気が楽になった。
このままで済むようなことはないので
パトロールはしっかりやる必要があるだろう。

カープは大事なところで3連敗、風前の灯だ。
新聞によると次の一敗で自力優勝が無くなる。
明日はどうでも勝ってもらいたい。

コメント

このブログの人気の投稿

仁多方面

初釣り

バーンアウト