ヌタ場

(20190818)


イノシシの出入り場所を探していたら
松の木の根元に体を擦りつけているところを見つけた。
町内の松の木はどんどん枯れているが
この松は枯れていない。
ヤ二が出ているのでイノシシが
特別に選んだのかと猟師に聞いてみる必要がある。
柵の外側ではあるが田んぼと目と鼻のところで
外観だけを見てパトロールをしていては
気付かなかっただろう。
平坦地のところで歩くところが決まっているので
くくり罠には最適なところだ。
福元さんという名人にお願いすれば確実だが
入院されている。
勉強できる機会はなくなったのでもっとまじめに
習っておけばよかった。
罠は買ってある。
自力で罠をかけるしかないがここにいる奴は
柵を飛び越えて田んぼに入っている。
柵のかさ上げが至急の課題だ。
罠をかけるか柵を補強するか。
僕の罠では確率が悪い。
確実なのはやっぱり補強にしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機