大規模林道起点




(20190802)


知人の葬儀があり兵庫県まで行ってきた。
本人の希望で家族葬にしたという。
同じ年回りで手遅れの癌だったという。
意識もしっかりした中で考えたのだろう。
僕に何かあったらそうしてもらいたいと
思うようになった。

同じ道を帰るのも芸がないので兵庫県佐用から
鳥取道で山陰にぬけ大回りで家に帰った。
100㎞は長く走ったが車の中は外の殺人的暑さのことを
思えば快適だった。
鳥取道は岡山県の粟倉をかすめて林業で有名な
智頭町を通る。
休憩で寄った道の駅で面白い看板をみた。
僕の家の前を通る大規模林道の起点の看板だ。
昭和のバブル時代の計画でついた道路だが
一度は起点のところを見てみたかった。
林道は僕の林業になんの利益も与えてくれなかったが
僕の家に2車線の道路という最高のインフラを
与えてくれたことになった。
バブル時代よありがとう。

町内で上と同じ看板があったと
思っていたが
家の前の看板は比和新庄線となっていた。
新庄は岡山県真庭市で地図で見ると
鳥取大山の南側の村だ。
要するに中国山脈を走る道路だが
出来た年度で○○林道となるようだ。
上の看板では緑資源機構は訂正したのが見えた。
元は森林開発公団だったはずだ。
[大規模林道は全国7か所で計画され・・・・・・]
Googleで検索してみてください。


コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

正月恒例行事