不思議なこと

(20190911)


家の上流に同級生の田んぼ(手前側)がある。
春の水不足で今年は耕作を諦めた。
稲はないが草ぼうぼうになってはいけないので
トラクターで耕して管理はしているようだ。
真ん中にある僕の田んぼは水系が違っていて小さな谷だが
水が切れる心配はないのでありがたい。
山の中にポツンとあるわけで
当然イノシシの標的になると思うが
今年はまったく侵入はされていない。
周囲はイノシシ柵で囲まれているが草刈もしないで
いるのに入らないのは不思議でならない。
以前はここが攻防の最前線だった。
あの時から今年の状況は想像だにしていなかった。
ここに入らないどんな理由があるのか
イノシシに聞いてみたい。

今日も柵は破られていて修理はしてきた。
道路から見えないところを荒らされていた。
そろそろ歩いて確認しないといけないなと
思っていたところだった。
新しく電柵やメッシュ柵をする余裕はなくなった。
見回りをして電柵の下狩りを済ませ稲刈り準備に取り掛かる。



草刈もしないで放置したようなところで
地形からして入っても良さそうなのだが
車でパトロールできる田んぼをあれ
この田んぼと真ん中の田んぼには周囲にぐるりと
イノシシ柵がしてある。
たまにバイクでこの位置から眺めてパトロールしたことにしている。
異変があれば実際に田んぼに行ってみる。

コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

仁多方面

バーンアウト