反対側の田んぼから

(20190917)


昨日の写真の右上の田んぼを刈りに行ったので
一昨日の田んぼの護岸を撮った。
草で覆われているが1.2m高さの柵が田んぼを
イノシシから守っている。
左と右には護岸ブロックがあるが真ん中はないので
土が崩れたようになっている。
イノシシが掘り返して侵入した跡だ。
もっと壊して大雨の増水で田んぼが崩れるほどに被害がでれば
イノシシ災害が元の豪雨災害ということで
護岸復旧の対象になってくれればありがたい。
稲が無くなったので来年の夏まで遊びに来てくれない。
稲を刈ってこれ以上の被害拡大はなくなった。
気持ちの余裕がきたのか来ないのが残念でしかたない。
イノシシは道路も移動するが車が時々走るので
昨今では川が最大の移動場所になっている。
田んぼが川に沿ってあるのでイノシシにとっては
当然のことだろう。
瀬戸内海の島々では泳いで渡るという。
イノシシの進化はとどまることを知らない。


近くに無防備の蕎麦畑が点在している。
実入り具合を確認しているのだろうか
舗装の上に足跡が点在していた。
明け方雨が降ったので早朝のことだ。
昔庄原の中心に向かう盤之谷(はんのや)峠に通じる道で
現在では空き家が多くある。
僕の隣家も春から空き家になった。
近い将来僕の所もこんなことになるのかなと
暗い気持ちになった。



コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別