狩猟登録

(20190926)




稲刈りを大急ぎで済ませ狩猟登録の手続きに行ってきた。
狩猟免許は3年だが狩猟を継続する者は
毎年広島県に狩猟登録をする。
手数料は1,800円と普通だが
大日本猟友会県支部・比和猟友会の会費、
ハンター保険等々の合計料金は17,300円と結構高い。
遊びで狩猟する人には登録税と入猟税というのが4千円ほどかかるが
僕らは有害鳥獣駆除班に入っているので免税となっている。
なにやら力のありそうな大日本という団体に入っているので
全国共通の帽子をもらえる。
ニュースに登場するハンターはベストも着ているので
一目でハンターだとわかるおなじみのデザインだ。

明日から雨が降るという。見れば3日連続のようだ。
籾摺りだけを済ませれば休めると思ったが
そうもいかない。
貧乏暇なしとはよくいったものだ。
倒れた所や未熟米(青米)多いところは等級が下がる可能性がある。
品質を上げるためにもう一度色選機にかける。
もし等級が下がれば
金額としては一袋何百円だがプライドが許さんという
気持ちになった。
色選機の設定を変えていれば済んだことだったので
トラブルの内では軽微かもしれんが
タイムリーエラーのような気がして後味が悪い。
やり直しは50袋(1.5トン)を2回持ち上げ
いい運動になると思う。


コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機