いずれこうなる

(20190903)


夕方またもや警報が出て
ものすごい雷とたたきつけるような雨に見舞われてが
幸い短時間で通り過ぎた。
その雨雲は県境を超え
新見市で時間雨量120mmという雨を降らせたそうだ。
庄原市東城町隣の新見市の川は
倉敷市に流れていく高梁川だ。
今回の雨は岡山県に強く降った。昨年のこともあるので
恐怖の一夜になったことだろう。
雨と言えば洪水だが稲作農家にとっては
コシヒカリがペチャンコに倒れて
稲刈りを泣きながらすることになる。
明日の田んぼの見回りはどんな現実が
待ち受けているか気が重い。

町の北にある森脇に用事があって車で走っていたら
町の中心を過ぎたあたりで恐ろしい光景を見た。
国道の下にあるほ場整備をしてある田んぼが
イノシシに荒らされている。
荒し跡が新しい所を写したが
近くの田んぼも広範囲に荒らされている。
生々しい跡なのでここは昨夜の出来事だろう。
同級生の田んぼで今では都会に出てしまっている。
両親もすでに亡くなったようだ。
耕作をする人がいないのは
水尻で稲作に向かないのかと想像するが
いずれ僕らの所もこうなる運命と思えば
他人ごとでない。
やっぱり個人から法人への移行を考える時が来たのかも知れない。



コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

仁多方面

バーンアウト