番狂わせ

(20191009)


右前の民家まで道路をはさんで酒米の田んぼが続く。
どの田んぼも倒れていないしウンカの被害もないように見える。
少しなびいた感じなので収量が多ければ
今年はうまくやったということになるが
コシヒカリのことを考えればそう甘くはないだろう。
コンバインタンクの籾の溜り具合でだいたいわかるが
刈ってからのお楽しみだ。

写真を撮った後、コンバインとコンテナを掃除して
酒米に取り掛かろうと考えていたらスマホが鳴った。
コンバインが壊れたので刈ってくれという
ヨットのオジサンからの電話だった。
田んぼは酒米の田んぼの少し向こうにある。
乾燥機は空いているし籾摺りラインも
コシヒカリのままなのでこのままコンバインを動かし
刈りに行った。


道路から見ると少し倒れているなと見ていたが
実際行ってみると畳表のようにベッタリ倒れていた。
手前までは倒れていても株元が少し浮いて追い刈りの状態なので
植えた筋通り刈れるが
その先は右から左にベッタリだ。
こんな時は向こう側に行き右から左へ追い刈りをして
スイッチバック状態で刈り取る。
時間はかかるが今のコンバインでは
奇麗に刈り取る。
この田んぼは倒れているが水落が激しいので
発芽はほとんどしていなかった。
水持ちの悪い最悪の田んぼだと思っていたが
こんな時はよい方向に作用する。


道路に近い方はクサネムとアメリカセンダン雑草の
ひどい状態だった。
初めは降りて抜いていたが終盤には
めんどくさくなってそのまま刈り込んだ。
こんなめちゃくちゃができるのも色選機のおかげだ。
色選機さんありがとう。

番狂わせで大変な一日が終わった。
気が付いてみると木屋原集落では僕の酒米だけが
残っている。
目立って良いような悪いような変な感じになった。




コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機